未分類

人間関係で疲れてしまう人がストレスを溜めないための改善策【3選】

 

 

ますたん
人の悩みのほとんどは人間関係です♪

 

人間関係を良好にしていくことが大切と言えます。

 

結論

結論から言えば、自然体でいれる人に対して最低限の気を遣えば十分なのです。

 

1.人間関係とは

人間関係とは

 

人と人との関係性でありさまざまな場面において大切です

 

人間には性格がありますから、相性がとても大切と言えます。

 

学校や会社などのグループの場合には、相性の良くない方とも接しなければいけません。

 

人間関係について悩むときが出てくるのです。

 

2.悩みのほとんどは人間関係

悩みのほとんどは人間関係

 

人の悩みのほとんどは人間関係と言われます

 

それだけ人と人の付き合いは繊細なのです。

 

ますたん
優しい人ほど相手のことを考え精神的に疲れてしまいます♪

 

関係でストレスが溜まり疲れてしまった時にはどのようにしていくのか改善策を知っておくことが大切です。

 

3.人間関係で疲れてしまう人がストレスを溜めないための改善策【3選】

人間関係で疲れてしまう人がストレスを溜めないための改善策【3選】

 

人間関係で疲れてしまう人がストレスを溜めないための改善策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.離れる

離れる

 

先ずは、離れることです

 

ますたん
自分との相性は良くない方との関係性を良くすることは大切と言えます♪

 

ですが根本的な考え方が違う場合にはある程度の距離感を保つことが大切です。

 

ますたん
友人関係である場合には特に自由であるため、徐々にフェードアウトしていきましょう♪

 

それだけでも、精神が保たれるはずです。

 

3-2.対応を変える

対応を変える

 

次に、対応を変えることです

 

ますたん
同じように対応しなければ平等ではないと考えがちと言えます♪

 

ですが相手の対応に合わせることが平等です。

 

相手が自分のことを考えていない場合、振り回されがちになってしまいます。

 

振り回されている間、あなたの事を考えてくれている方への対応が雑になってしまいがちです。

 

ますたん
これでは平等とは言えないと考えられます♪

 

人によって対応を変えていくことが大切なのです。

 

3-3.自然体

自然体

 

最後に、自然体です

 

ますたん
基本的には自然体でいられる方といればいいのです♪

 

自然体でいられるかと一緒にいることで、最低限の気を遣うだけで済みます。

 

気は常に遣わなければいけないわけではありません。

 

自然と気を遣いたくなるような方と一緒にいれば良いのです。

 

結論:多少嫌われても大丈夫

 

人間関係で疲れてしまう人がストレスを溜めないための改善策【3選】

・離れる

・対応を変える

・自然体

 

『嫌われる勇気』という本があるぐらい、嫌われるということは繊細に考えられます。

 

ますたん
ですが実際は、『嫌われてもいいや』ぐらいの気持ちで接していても、あなたのことを分かってくれている理解者は、嫌いません♪

 

普段から気軽に生活していくことが大切なのです。

 

でも今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-未分類
-, ,

© 2022 masutannblog