Think(考える)

イノベーションとは?ビジネスに取り入れる考え方【3選】

 

 

ますたん
イノベーションということをビジネスでよく耳にします♪

 

とても大切な言葉ですがどのような意味があるのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、革新的なことでビジネスにおいて取り入れていくと、とても良い結果をもたらしてくれる魔法の言葉とも考えられます。

 

1.イノベーションとは

イノベーションとは

 

革新的などと言われますが簡単に言えば新しい発想と考えられます

 

普通の考えとは異なるのに、とても有用なことを生み出すことです。

 

通常行っている考え方というのは、疑わずに行なっていることが多いといえます。

 

イノベーション的発想はそれを変えてくれる考え方です。

 

2.なぜビジネスでイノベーションが大切なのか

なぜビジネスでイノベーションが大切なのか

 

ビジネスにおいては様々なことを真剣に行っています

 

なぜならそこにお金が関係し、顧客がいるからです。

 

業務を効率的に行っていき清算していくことが求められています。

 

ゆっくりと生活している普段よりも効率を重視しているビジネスにおいてよく用いられる言葉なのです。

 

3.イノベーションをビジネスに取り入れる考え方【3選】

イノベーションをビジネスに取り入れる考え方【3選】

 

イノベーションをビジネスに取り入れる考え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.0から1

0から1

 

先ずは、0から1です

 

ますたん
0から1を生みだすことがイノベーションの中心的考え方と言えます♪

 

ビジネスにおいては、今までなかった考え方を生み出すことが大切です。

 

そのためには誰もやってないことであっても、真剣にやってみる必要があります。

 

みんながやっていることはイノベーションとは言えないからです。

 

3-2.客観の統合

客観の統合

 

次は、客観の統合です

 

イノベーションの考え方としての誰も行っていないことは人に認められないことが多いです。

 

ますたん
時間的と捉えられてしまうことも多く結果が出るまで時間を要するでしょう♪

 

そんな時には客観的なことを統合する考えを持って見ることが大切です。

 

ますたん
様々なことを統合化して新しい発想を生み出してみましょう♪

 

3-3.定常業務

定常業務

 

最後に、定常業務です

 

定常業務はマニュアル化されてき、何も考えずに行う作業です。

 

ますたん
ですがあえてもっと効率的に行える方法を模索してみましょう♪

 

定常業務を革新的に行い効率化を図ることができれば、時間を浮かせることができます。

 

ますたん
塵も積もれば山となるとして、日々細かい考えを積もらせて行きましょう♪

 

結論:常に目を凝らしましょう

 

イノベーションをビジネスに取り入れる考え方【3選】

・0から1

・客観の統合

・定常業務

 

ますたん
どこにイノベーションの考えがあるか分かりません♪

 

誰も考えていないと、創造することはできません。

 

ますたん
常にイノベーションの考え方がないか目を凝らしていましょう♪

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog