Think(考える)

「逃げるが勝ち」の精神で進むべきと言われる理由と逃げるべき状況【3選】

 

逃げずに堪えたほうが良い♪

 

このような考え方もありますが、最近では寧ろ逃げたほうが良いと言われることも多いです。

 

結論から言えば、危険を感じた時は勿論のこと、自分に合った環境に出会うまで逃げていき、活躍できる環境で頑張れば良いのです。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます。

 

1.「逃げるが勝ち」とは

「逃げるが勝ち」とは

 

もし、なにか嫌なことがあった時には戦うのではなく、逃げた方が良いという考え方ですよね。

 

色々なケースが考えられますが、例えば以下のようなことです

・いじめ

・誹謗中傷

・ブラック企業

 

このような自分の身体に影響が出そうな危険な状況では「逃げるが勝ち」であると言われてきたのです。

 

2.なぜ「逃げるが勝ち」で進むべきなのか

なぜ「逃げるが勝ち」で進むべきなのか

 

この考え方は、通常は「そのような場合に」という認識でしたが、最近では積極的に逃げることも大切と言われます

 

自分に合っていない場合などに、逃げていくことが必要なのです。

 

と言うのも、自分に合っていない環境化で努力をしていると、楽しさがありません。

 

楽しく考えることも大切ですが、それ以前に自分が好きで楽しいことに身を置くことが大切です。

 

人は試してみて初めて合っているかどうか分かるものです

 

試して合っていなければ逃げてを繰り返している内に、自分にあっている環境を見付け、そこで頑張っていくことが重要です。

 

頑張れる環境で努力を重ねていくためにも、逃げるべきところはしっかり逃げていきましょう♪

 

3.「逃げるが勝ち」の精神で進むべき状況【3選】

「逃げるが勝ち」の精神で進むべき状況【3選】

 

「逃げるが勝ち」の精神で進むべき状況【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.批判から逃げる

批判から逃げる

 

先ずは、批判から逃げることです

 

人の考え方を聞きいれることはとても大切です♪

 

ですが、聞いていれば批判なのかどうかは直ぐに分かると思います。

 

通常努力している人は、人を批判しません。

 

ですから、批判する人は批判したいだけなのです。

 

批判からは、積極的に逃げていきましょう

 

参考記事:批判すると批判される理由と対策3選【揚げ足】

 

3-2.自分に合わない働き方から逃げる

自分に合わない働き方から逃げる

 

次に、自分に合わない働き方から逃げることです

 

自分に合った働き方でない場合には、モチベーションも上がりませんし、良いことがありません。

 

前述した通り、そのような場合には自分に合った働き方を見付けるように行動することが大切です。

 

無理に合わせる必要もなく、合っていないと思えば環境を変えれば良いだけです。

 

我慢して自分を責め続ける生活似終わりを告げましょう♪

 

参考記事:【退職】辞めたい会社は直ぐにやめるべき理由と方法3STEP

 

3-3.身の危険を感じたらどんな状況でも逃げる

身の危険を感じたらどんな状況でも逃げる

 

最後に、身の危険を感じたらどんな状況でも逃げることです

 

ブラック企業では、どんなことでも従業員のせいになります。

 

誹謗中傷は、何を言っても基本的に話は通じません。

 

これは、道端で怪しい人に出会うのと同様です。

 

誠心誠意向き合って通じる相手と通じない相手が居ます

 

現実でもネットでも同じです。

 

どんな状況でも、自分の精神と身体を守る為に逃げましょう♪

 

参考記事:批判に勝つ方法【SNS社会】【衛心術】鋼のメンタルを手に入れる方法

まとめ

 

逃げるが勝ちの精神で進むべき状況【3選】

・批判から逃げる

・自分に合わない働き方から逃げる

・身の危険を感じたらどんな状況でも逃げる

 

現実に危ない人に出会えば、皆さん逃げるでしょう♪

 

ですが、特にネット上ではずっとそれを見ている人が居ます。

 

そうすると、全員に批判さているのではないかと錯覚を起こすのでしょう

 

実際は、そのような人たちはごく一部です。

 

ですから、相手にせず逃げていけば良いのです♪

 

今の時代あたかも自分が言われているような情報は溢れています。

 

逃げる精神なら、そのような情報に踊らされることなく、精神衛生も良い状態で保つことが出来るでしょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog