Think(考える)

『寝すぎてしまった』という方におすすめな過去を肯定する考え方【3選】

 

『寝すぎてしまった』というワードはよく聞きますよね♪

 

休日などに寝てしまったりすると、落ち込んだり後悔したりする方も多いです。

 

勉強や副業、趣味を行うことが出来なくなってしまったからです♪

 

ですが、それは考え方ひとつで解消することが出来ます。

 

結論から言えば、過去を肯定して考えることを覚えれば、それが日常になりポジティブな発想をすることが出来るようになります。

 

そこで今回は、以下のことについてご紹介していきます。

 

1.過去を肯定するとは

過去を肯定するとは

 

今より前に起こったことについて、それがあって良かったと考えることです。

 

ですから、『寝すぎてしまった』という場合は以下のように考えます

疲れて寝てしまったから何も出来なかった

寝て疲れが取れたから色んなことが出来る

 

このように、考え方ひとつで肯定することが出来るのです。

 

2.なぜ過去を肯定する必要があるのか

なぜ過去を肯定する必要があるのか

 

現実に起きてしまった問題は考えて対策しなければいけません♪

 

これに対して、頭の中で解決できる場合には、肯定していけばポジティブになっていけるのです。

 

これはくせになっていることが多いです♪

 

1つのことをマイナスに捉えた位なら大した問題ではありません。

 

ですがこれが毎回では、大きく変わってくる問題です。

 

日々ポジティブな発想で心身ともに健康でいることで、行いたいことを効率的に行っていけるのです。

 

3.過去を肯定する考え方【3選】

過去を肯定する考え方【3選】

 

過去を肯定する考え方は、以下の通りです。

 

3-1.過去のことから学んだところを探る

過去のことから学んだところを探る

 

先ず、過去のことから学んだところを探る

 

現実に今まで過去のことから学んだところを探っていきましょう♪

 

自分の今まで失敗したと思うことを思い出してみて下さい。

 

そこから、学んだところが必ずあるはずです。

 

失敗したと思っていることは、自分の中で一番大変だったことです。

 

ですから、普段よりも大きな革新的な考えを得ていることが多く、実際に考えていくことで実感を湧かせることが出来るのです

 

3-2.ポジティブとネガティブの違いを知る

ポジティブとネガティブの違いを知る

 

次に、ポジティブとネガティブの違いを知りましょう

 

物事には良いところと悪いところが必ずあります♪

 

ですが、倫理感を持って考えて区別しているだけなのです。

 

タイトルにある『寝てしまった』のように、そこまで大げさでもなく日常的なことでしたら、良いところだけを見たほうが気持ちがすっきりします。

 

ポジティブになりたい

その為に、良いところを探る

 

これを実際に行うことに経験が必要で、簡単に思えて難しいのです。

 

最初は、本心から思えないので自分に嘘をつく感覚です♪

 

ですが、それを繰り返していると心か思えるようになります。

 

参考記事:【考え方】ポジティブになる方法

 

3-3.現在、未来も過去になる

現在、未来も過去になる

 

最後に、現在、未来も過去になります

 

過去を肯定することでポジティブになることは大切です♪

 

ですが、一番大切なのは変えることが出来る現在や未来です

 

その為に、過去を肯定する必要があることを忘れないようにしましょう♪

 

逆を返せば、肯定できるような現在や未来をつくっていかなければいけません。

 

そのように意識しながら考えていくことで、肯定しやすいような過去をつくっていくことが出来るようになるのです。

 

まとめ

 

過去を肯定する考え方

・過去のことから学んだところを探る

・ポジティブとネガティブの違いを知る

・現在、未来も過去になる

 

このように、『寝すぎてしまった』というような場合にも肯定して考えていくことで、日々ポジティブに次の行動に移行していけるようになります♪

 

自分を肯定するというのは、習慣やいろいろなことが相まって成り立つ部分が大きいです。

 

ですから、ポジティブに考えたり、言葉に出していくことが思っているより大切です。

 

日々、そのような意識で生活していくことを忘れないようにしていきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご試聴ありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog