Think(考える)

【因果関係】目的達成した方の方法すべてが結果に繋がっているわけではない

 

経営の成功・資格の取得・副業の方法など様々なものがあり、その努力している内容は人により異なります。

 

自分が努力していることについて、成功できる方法が知りたいのは誰しも同じです。

 

成功している方のお話しは貴重な意見ですよね♪

 

成功した方法を聞くことで成功に近づく可能性はあります。

 

ですが、全ての方法が成功に繋がっているわけではありません。

 

結論から言えば、懐疑的な視点を持ち因果関係と相関関係を冷静に分析して判断していきましょう

 

今回はその詳しい内容についてご紹介していきます。

 

1.成功者が話す目的達成の方法

 

成功した方にとって目的達成した方法は、武器になります。それを知りたい方が沢山いるからです。

 

ですが、

 

この方法はどこまでが目的達成に繋がっているか分かりません

 

また、これを冷静に分析出来ないと騙されてしまう危険もあります。

 

抽象的な内容や誰にでも当てはまる(バーナム効果)ことなどには注意が必要です。

 

正しい情報を自分で冷静にキャッチしていきましょう。

 

2.因果関係と相関関係

 

因果関係と相関関係については過去の記事で紹介していますので、分からない方は見てみて下さい

 

参考記事:相関関係と因果関係の相違【原因】

 

相手の話している内容を冷静に分析し、騙されそうな時は勿論のこと、

 

因果関係にあるのか相関していただけなのかを考えましょう

 

基本的には、生活環境がひとにより異なるので、一概に言えることは限られています。

 

ですから、全て成功した方の通りにするのではなく真似できることだけ真似するようにしましょう。

 

3.懐疑的な視点

 

素直で居ることはとても大切です。

 

ですが、それとともに考えたいのが懐疑的な視点を持ち合わせる必要があるということです。

 

懐疑的とは、簡単に言えば疑うということです。

 

最初から全面的に疑ってかかるのではなく、

 

常に頭の中のどこかで疑うという視点を忘れないでおきましょうということです

 

そうすることで、正しい情報について考えることが出来る一方、騙されることもないと思います。

 

まとめ

 

まとめ

抽象的なことやバーナム効果のある情報に注意して常に懐疑的な視点をもち、相関関係と因果関係を考え、目的達成に役立つ情報のみを真似していきましょう。

 

資格の勉強をしていると合格した方の話しを聞くことがあります。

 

①『教科書』重視の方

 

すべてのことが載っているんだから教科書をやるべきだよ♪

 

②『問題集』重視の方

 

やっぱりどんな問題が出るか分からないし、アウトプットを高める為に問題集を解くのが合格のコツだよ♪

 

③『過去問題集』重視の方

 

実際に出題実績のある過去問を解けば大体似たような問題が出ることもあるし、過去問だけで良いと思うよ♪

 

このように、人それぞれの方法があり目的達成した方法は全て正しい方法です。

 

その中から、自分にあった方法を模索していきましょう。

 

成功出来ない方の特徴は~です♪

成功している方は~をしています♪

 

 

こう言った意見はあくまでも、参考として捉えましょう。

 

では、今回は以上です♪

 

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog