(Management Accounting) 管理会計 Accounting(会計)

【短答】公認会計士の管理会計が苦手な人の対策【3選】

 

 

公認会計士の管理会計では1問も解けないこともあります。

 

ますたん
何も対策をしてなければパニックに陥ってしまうからです♪

 

特に計算問題は数字が合わないことがあり、焦ってしまいがちになります。

 

ますたん
苦手な方は特に事前に対策をしていくと良いでしょう♪

 

結論

結論から言えば、方法を知れば苦手意識はなくなります。

 

1.公認会計士の管理会計

公認会計士の管理会計

 

公認会計士の管理会計では、多種多様な出題が見受けられます♪
ますたん

 

1時間という短時間で解かなければいけないので、プレッシャーは尋常ではありません。

 

ますたん
いかに落ち着いて解いていけるかがカギを握ります♪

 

演習を積んでいたとしても本番に強くならなければいけないのです。

 

2.パニックにならない

パニックにならない

 

とにかくパニックにならないことが大切と言えます♪
ますたん

 

パニックにならないようにと思ってもなってしまうのが人間です。

 

ますたん
どのようにしたらパニックにならないのか考えておきましょう♪

 

日頃の成果を発揮できるように考えていく必要があります。

 

3.【短答】公認会計士の管理会計が苦手な人の対策【3選】

【短答】公認会計士の管理会計が苦手な人の対策【3選】

 

【短答】公認会計士の管理会計が苦手な人の対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.正当率

正当率

 

先ずは、正答率です

 

計算問題を全て解いていこうと考えている場合は要注意と言えます。

 

計算問題は基本的に全ての問題を時間以内に解けるようにはなっていません♪
ますたん

 

手をつけると、時間を使ってしまっているので諦めるのが難しくなってきます。

 

ますたん
問題を選んで、その問題が解答できるように、問題を選ぶのに時間を使いましょう♪

 

手をつけた問題は確実に解けるように正答率を上げていく必要があります。

 

ただし、簡単そうにみえて難易度の高い問題を選択してしまった場合には、諦めて飛ばせるように訓練も必要です。

 

3-2.解きやすい問題

解きやすい問題

 

次に、解きやすい問題です

 

正答率を上げるためには、解きやすい問題を知らなければなりません。

 

これは、論点だけでは絞れないでしょう♪
ますたん

 

部門別や標準などは解きやすい傾向にありますが、難しい場合もあります。

 

ますたん
また、解答箇所によっても難易度は全く変わってくるでしょう♪

 

日頃からどの箇所なら簡単に出るのか把握していく必要があります。

 

3-3.理論は徹底

理論は徹底

 

最後に、理論は徹底です

 

実際に本試験で分かるかどうかは置いておいて、理論は出来る限り強化していく必要があるでしょう♪
ますたん

 

計算が難しい回では、理論で差がついてきます。

 

ますたん
逆に苦手な人ほど計算を何問も解くことは難しいと予想できるでしょう♪

 

理論が解ければ気持ち的に余裕もできますし、早く解ければ計算問題に割ける時間も増えます。

 

余裕をもって計算問題に取り組めることが大切です♪
ますたん

 

結論:方法を知れば苦手意識はなくなる

 

【短答】公認会計士の管理会計が苦手な人の対策【3選】

・正当率

・解きやすい問題

・理論は徹底

 

ますたん
実際に解くためにはコツがあり、解けるようになって来れば苦手意識は消えていくでしょう♪

 

勉強を継続しながら自分なりの方法とすり合わせていく必要があります。

 

今回方法を意識しながら、自分に最適な戦略を練っていきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog