Accounting(会計)

経理をやりたくない人に必要な視点【3選】

 

 

経理は基本的に魅力的な仕事ですが、細かいことをやるので嫌いな人は多いかもしれません。

 

ますたん
細いことを行うのが好きな人にとっては天職と言えます♪

 

会社において経理をやりたくなくてもやらなければいけなくなってしまう可能性も少なからずあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、経理は会社における様々な知識を獲得することができる魅力的な業務であり、普遍的な知識であることを把握しておくのが大切です。

 

1.経理になってしまう

経理になってしまう

 

自分で部署を選択できない場合や、中小企業などで経理の方が辞めてしまった場合はやらざるを得なくなってしまうこともあるでしょう♪
ますたん

 

断れる場合は断れば良いですが、良好な関係を構築できている場合には出来る限り引き受けたいと思うかもしれません。

 

ますたん
経理にも向いている人と向いていない人は確かにいます♪

 

やらなければいけない状況においては経理の重要性を把握して業務に臨んでいく必要があるでしょう。

 

2.経理のなにが嫌か

経理のなにが嫌か

 

経理は事細かにやらなければいけないイメージが根付いています。

 

1円合わないだけでも大騒ぎしてしまいそうです♪
ますたん

 

確かに1円単位で合わせなければいけないのはあります。

 

ただし、事細かにやる方が簡単ということもあるのです。

 

3.経理をやりたくない人に必要な視点【3選】

経理をやりたくない人に必要な視点【3選】

 

経理をやりたくない人に必要な視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.決まっている

決まっている

 

先ずは、決まっているです

 

頭で考えながら常に行わなければいけないと思うかもしれません。

 

ますたん
経理を行う会計処理は基準に従って行うので、決まっています♪

 

新しい取引が発生したときに考えながら行うこともありますが、基本的にはいつも同じです。

 

初めは大変かもしれませんが、他の部署と同様ある程度覚えてしまえば、簡単に行えるかもしれません。

 

3-2.普遍的知識

普遍的知識

 

次に、普遍的知識です

 

経理で学ぶ知識は普遍性が高いと言えます。

 

簡単に言えば他の会社に転職した時も使える知識です♪
ますたん

 

つまり、基本的には一生自分の力になってくれます。

 

会社のことについて詳しくなっていくので、自営業を行う場合はもちろん、他の部署に行った時にも役立つかもしれません。

 

3-3.細かいほうが楽

細かいほうが楽

 

最後に、細い方が楽です

 

経理で行うことは確かに細く、苦労することもあります。

 

ますたん
細かいと大変に思いますが、しっかり行っていれば後で問題は発生しづらいです♪

 

日々ざっくり行っていると、日頃の業務は楽ですが後に問題が発生することもあります。

 

突発的に発生する問題に対処するのはとても大変です♪
ますたん

 

計画性をもって正確な行動をするのは総合的に考えた場合に楽と言えるかもしれません。

 

結論:経理はメリットがたくさん

 

経理をやりたくない人に必要な視点【3選】

・決まっている

・普遍的知識

・細かいほうが楽

 

ますたん
経理は細いので敬遠されがちですが、実はメリットもたくさんあり、人気な業務でもあります♪

 

一度調べてみると興味が湧くかもしれません。

 

それでもどうしても嫌な場合には、相談をしたり転職することも視野に入れていきましょう♪
ますたん

 

人には向き不向きがあるので無理に行う必要はありません。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog