Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験に落ちて落ち込んでしまう場合の対処法【3選】

 

 

簿記試験を勉強していて落ちてしまうこともあります♪
ますたん

 

難しい試験になればなるほどその確率は高まるでしょう。

 

結論

結論から言えば、真剣にやる方ほど落ち込んでしまうので、試験に主眼を置くのやめましょう。

 

1.簿記試験に落ちた

簿記試験に落ちた

 

どれだけ真剣に勉強をしていても簿記試験には落ちることがあります。

 

あくまでも人間なので、その日その場所でその問題が解けるかは分かりません。

 

ますたん
緊張してしまう方だとなお本領が発揮できないでしょう♪

 

それだけ不安定な試験ですが、合否が結果としてのしかかってくるのです。

 

2.落ち込んでしまう人の特徴

落ち込んでしまう人の特徴

 

勉強を雑に行っていて、勉強を真剣にやらなかった自分に落ち込むのなら自業自得かもしれません。

 

ただし、落ち込む方ほど真剣に勉強をしていたのです♪
ますたん

 

ヒト、モノ、カネ、時間、全てを導入しても合格できなかった時、途方にくれてしまいます。

 

また勉強をしないといけない苦しみに、他の人と比較してしまう場合など様々なケースが考えられるのです。

 

3.簿記試験に落ちて落ち込んでしまう場合の対処法【3選】

簿記試験に落ちて落ち込んでしまう場合の対処法【3選】

 

簿記試験に落ちて落ち込んでしまう場合の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.成長

成長

 

先ずは、成長です

 

人がどうしても現時点での他の人との点数の差を見てしまいます。

 

同僚や後輩が受かった時に焦ってがっかりしてしまうのです♪
ますたん

 

それらは問題とならず、実際には過去の自分と比較していくことが大切と言えます。

 

点数に視点を置くことも必要ですが、それよりも体感で前よりわかっているのかが遥かに重要です。

 

勉強を継続している方は間違いなく成長しているので、問題ありません。

 

3-2.分析

分析

 

次に、分析です

 

ますたん
落ち込んでしまう方は自分のせいにしてしまう傾向にあるでしょう♪

 

ですが、もしかしたら出題がおかしかったかもしれないです。

 

なんでこんな問題出すのかな?
ますたん

 

このように考えるだけで落ち込むことはなくなるでしょう。

 

ますたん
寧ろ次は解いてやるぞという気持ちになっていくはずです♪

 

3-3.未来への投資

未来への投資

 

最後に、未来への投資です

 

勉強を継続していることは未来へ投資していることと考えられます♪
ますたん

 

よく聞くのがすぐ受かった方は、もう全然覚えていないよーという言葉です。

 

継続的に繰り返し勉強している方は、2年経つぐらいでは頭から離れることはありません。

 

これがあなたの財産であり必ず将来に役に立ってくるはずです。

 

結論:心配はいらない、突き進め

 

簿記試験に落ちて落ち込んでしまう場合の対処法【3選】

・成長

・分析

・未来への投資

 

勉強を継続している方は落ち込む必要はありません。

 

ますたん
絶対に合格してやるという強い気持ちを持って臨んでいくことが大切です♪

 

落ち込んでしまうぐらいなら喧嘩腰で進めていきましょう笑

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog