Think(考える)

【自律】目的達成するには自分で律することが大切【理由と方法】

目次

 

経済的な自立や身体的な自立など自立することは重要なことです。ですが、それを目指していく過程としても大切なのが自律していくことです。

 

結論から言いますと、

 

自律していくことで何事も成功する可能性が高くなります♪

 

自分で自分を律していく、つまり自分のあるべき姿に向かって正していく考えを持って行動していきます。

 

今回は、この自律が目的達成に大切な理由その方法をご紹介していきます。

 

1.大切な理由

大切な理由

 

学校なら先生が、会社なら上司が律してくれるでしょう。ですが、それは組織に所属している上でのお話です。もしそれが、個人でのビジネスや資格試験ならどうでしょう。律するのは自分しか出来ません。

 

自分の正しいと思った方向に律していくことで、結果として状況は激変します

 

成功するために思い立った1日だけ努力しても大きな目的を達成することは出来ないでしょう。それよりも、毎日の生活を律していくことで、徐々に変わっていくのです。

 

その毎日の暮らしを怠けているのであれば、律する考えを持って生活を1つずつ見直していくことが簡単で現実的です。

 

その為、律するという考えがあるのとないのでは、結果として目的達成の度合いに大きな差を生み出す為、律していくことが大切なのです。

 

2.自律するための方法

自律するための方法

 

自律する為に一番大切なのは、自分を律するとはどういうことかを日々考えて行動することです。

 

これによりひとつひとつが改善され、その改善したことがまた他のことを良いほうに導いてくれます。

 

ですから、最低限自律するために考えて頂きたいことを、方法としてご紹介していきます。

 

2-1.健康管理

 

先ずは、何事も健康でなければいけません。ですから、どのようにしたら体調が良くなるか考えて行動してみましょう。

 

不摂生な生活を続けていると、普段していることですら出来なくなっていきます。目的達成の為に最高のパフォーマンスをする為には健康第一です。

 

健康管理が出来ていない状況だと普段なら自律して行動している方でも、単純に体が怠くて動かなくなってしまう可能性もあります。

 

食事・睡眠・運動等、これ等のことを律していきましょう。

 

2-2 人の気持ちを考える

 

次に、人のきもちを考えるということです。

 

人のきもちを考えると言うのは、正しい倫理感を持つために大切です。

 

相手のきもちを実際に考えれているかも大切ですが、それ以前に考えるということが重要だと思います。

 

普段の行動を自立して考える気持ちがあっても他の方に振り回されていては、自律する行動が取れない可能性もあります。

 

もし、自分とは違う考えを持った方が居たとしてもその方との付き合い方も学べますし、どのような方と付き合っていけば良いかも見えてくるはずです。

 

どのような方と付き合っていくかは、目的達成に大きく関係していきます。ですから、自律した考えを持ち、自分の人付き合いを律していきましょう。

 

2-3 目的意識を持つ

 

最後に、目的意識をもつということです。

 

目的を明確にして、なぜその目標に向かって努力しているのかが分かるだけで、自律していけると思います。

 

目的がしっかりしていないと、何となく頑張っている状況になり、せっかく努力しているのにあまり変わらなかったり、怠けてしまいがちです。

 

ですから、目的を明確にしっかり持ち、今日何をやらなけばいけないか考えて行動していきましょう。

 

3.まとめ

 

このように自分で律していかなければいけない状況では、積極的にどう考えて行動していけば良いかを考えなければいけません。

 

その為に、自律とはどのようなものかを考えていくことが大切なのです。

 

自律する為の方法としては以下の通りでした。

 

自律させる方法

・健康管理

・人の気持ちを考える

・目的意識を持つ

 

これ等のことを考えていくと、自然と自分を律していくことができます。

 

ですが、これは実際にひとつひとつ行動しなければ意味がありません。実際に行動して、PDCAを頭の中で簡単に回していきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, , ,

© 2022 masutannblog