Think(考える)

事業分離における会計処理を理解するポイント【3選】

 

 

事業分離はとてもややこしい論点です。

 

ますたん
完璧に理解している人がなかなかいません♪

 

どのようにして事業分離の会計処理をしていけば良いのかポイントを押さえていきましょう。

 

結論

結論から言えば、思考停止に陥らないことです。

 

1.事業分離における会計処理

事業分離における会計処理

 

事業分離では、事業を分離した時における会計処理を学んでいきます♪
ますたん

 

一見簡単そうに思えますが、とてもややこしい論点です。

 

ますたん
自分の受ける試験に応じて、どのぐらいの重要性があるかでどこまで勉強すべきかを判断しましょう♪

 

下手に頭を突っ込むと多くの時間を費やしてしまうかもしれません。

 

2.苦手な人が多い理由

苦手な人が多い理由

 

事業分離の会計処理は、1つの例をみた場合あまり難しくないと思います。

 

難しい内容としては、多種多様なケースが含まれるからです♪
ますたん

 

微妙な差で会計処理が変わってきてしまいます。

 

ますたん
ですが、大きく変わるわけではないので違いを意識して押さえていきましょう♪

 

3.事業分離における会計処理を理解するポイント【3選】

事業分離における会計処理を理解するポイント【3選】

 

事業分離における会計処理を理解するポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.対価

対価

 

先ずは、対価です

 

対価は現金や株式があります♪
ますたん

 

基本的に現金で受け取っている場合には、事業に対する投資は清算されたと考えるのです。

 

ますたん
これに対して株式の場合には、対価として受け取り過半数を有している場合などには、株主総会に出席できます♪

 

つまり、事業に関して意見が言えるのです。

 

投資は継続しているとして会計処理していきます♪
ますたん

 

3-2.事業分離側と事業譲受側

事業分離側と事業譲受側

 

次に、事業分離側と事業譲り受け側です

 

事業分離と聞くと難しく考えてしまいがちになります。

 

ますたん
思考停止にならないように、文章をよく読んでどこがわからないのかを把握していきましょう♪

 

会計処理が難しいからといって、会計事象は理解できるはずです。

 

事業を分離した側なのか、譲り受けた側なのか把握していきましょう♪
ますたん

 

3-3.財務諸表

財務諸表

 

最後に、財務諸表です

 

会計処理について考えていく場合、どのように考えていけば良いのか理解を重視すると思います。

 

ますたん
ですが、ほとんどの場合問題になるのは財務諸表の表示です♪

 

簡単に言えば、解答しなければいけないのは1+1とはなにかではなく、2と言えます。

 

計算過程は大切ですが、ややこしく考えていると理解していても答えを間違ってしまいがちです。

 

財務諸表の表示はどこの数字を加減算しているのか考えておきましょう。

 

理解は後から追いつかせれば良いです♪
ますたん

 

結論:思考停止に陥らない

 

事業分離における会計処理を理解するポイント【3選】

・対価

・事業分離側と事業譲受側

・財務諸表

 

完璧に理解できていなくとも少しずつ考えていけば徐々に分かってきます。

 

ますたん
分かっていなくとも解答できるようにはなってくるでしょう♪

 

ほとんどの方は試験合格が目的だと思うので、合格することを先に考えていくべきだと思います。

 

殆ど理解しているのに合格できないことは出来る限り避けていきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog