Think(考える)

冬の北海道に最適な靴を選ぶポイント【3選】

 

 

ますたん
北海道に観光に行く方も、これから転居しようとしている方も、どのような靴を選べば良いのか分からないことが多いでしょう♪

 

足場が悪くなりがちな北海道では、靴はとても大切です。

 

結論

結論から言えば、寒さと雪に対応できる靴を選択する必要があります。

 

1.冬の北海道

冬の北海道

 

北海道も冬以外は、なんら問題なく日常生活を送れます。

 

寒いイメージのある北海道では、寒くなる時期は早いですが、そこまで不自由ではありません。

 

冬でも建物の中は暖かくなりやすい作りなので、寧ろ暑くなってしまうこともあるでしょう♪
ますたん

 

地下通路があったり都心部は外に出ない工夫がされています。

 

ますたん
それでも少なからず外に出なければいけない場面はあるので、その時に合った靴を選択しましょう♪

 

今回は外に出ることを想定してご紹介していきます。

 

2.寒さと雪

寒さと雪

 

なんといっても冬の北海道で問題になるのが寒さと雪です。

 

一番はこれ等に適用する靴を選択することが大切でしょう♪
ますたん

 

ただし、お店の中などに入る場合には要注意と言えます。

 

なぜなら、完全防備の靴は重くて暑いことが想定できるからです。

 

外でも適用できて、中に入っても大丈夫な靴が万能でしょう。

 

3.冬の北海道に最適な靴を選ぶポイント【3選】

冬の北海道に最適な靴を選ぶポイント【3選】

 

冬の北海道に最適な靴を選ぶポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.防水性

防水性

 

先ずは、防水性です

 

外の空気より圧倒的に冷たくなるのが雪と言えます。

 

ますたん
雪が靴の中に湿ってきたら最悪です♪

 

足が動かなくなるぐらい冷たくなってしまいます。

 

晴れている日でも雪が解けて泥水がそこら中にあるので、防水性は必須です。

 

3-2.滑らない

滑らない

 

次に、滑らないです

 

雪国出身者でないと、足元の滑り易さが分からないので要注意と言えます♪
ますたん

 

転倒してしまえば、骨折などの大怪我をしてしまいがちです。

 

ますたん
出来る限り凍っていない場所を歩く必要がありますが、そもそも滑らない靴を選択することが大切でしょう♪

 

滑らないように砂が撒かれているところは比較的安全です。

 

車が通る横断歩道などは固められてツルツルしていることが多いので要注意です。

 

3-3.高さ

高さ

 

最後に、高さです

 

意外と見落としがちなのが高さでしょう♪
ますたん

 

防水性があれば問題ないように思いますが積雪量が多い場合には上から入ってきます。

 

歩くスペースが狭くていき違えない場合などに、深い雪に足を踏み入れなければいけないケースもあるでしょう。

 

そんな時に率先して深い雪に足を踏み入れられるよう、高さのある靴を履いておくと便利です。

 

結論:安全第一

 

冬の北海道に最適な靴を選ぶポイント【3選】

・防水性

・滑らない

・高さ

 

ますたん
デザインを重視しがちな靴ですが、それ以前に大切なのは安全確保でしょう♪

 

寒くなく滑りづらい靴を選ぶ中でデザイン性が良いものを選択すると吉です。

 

靴だけでなく周りの状況もしっかりと把握した上で歩くように心がけましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog