Think(考える)

モノの傷が気にならなくなる考え方【3選】

 

新品で買ったモノなどに傷が入ると気になりますよね♪

 

それが脅迫行動のようになってしまうと生活に支障をきたします。

 

結論から言えば、考え方を変えてその傷を肯定的に考えていくことで、気持ちを和らげていくことが出来るのです。

 

 

1.モノの傷が気になるとは

モノの傷が気になるとは

 

モノの中でも一定の性質を兼ね備えたモノが気になるのではないでしょうか。

 

例えば、以下のようなモノです

・車

・貰ったモノ

・スマホ

 

人によっては、その傷を確認してしまう脅迫行動を繰り返してしまうでしょう。

そうなると、ストレスが溜まってしまうこともあります♪

 

ですが、本当はその傷も悪いものではないのです。

 

2.なぜ気になるのか

なぜ気になるのか

気になるのにも理由がありますよね♪

 

それは以下のようなことです

・高い

・貰った

 

このように、高いモノは簡単に買えないので代えがきかないのです。

 

また、貰ったモノは二度と同じモノを買うことが出来ないと考える人も多いでしょう。

 

日常的に使っているモノもよく手にするために、気になってしまうでしょう。

 

ですから、基本的にこの傷自体を肯定して考えることが大切なのです

 

3.モノの傷が気にならなくなる考え方【3選】

モノの傷が気にならなくなる考え方【3選】

 

モノの傷が気にならなくなる考え方【3選】は以下の通りです。

 

3-1.買う・直す

買う・直す

 

先ずは、買う・直すことです

 

自分で買ったモノであれば比較的代えがききますよね。

 

ですから、代えのきくモノは買ったり、直したりする方向で考えることが大切です。

 

代わりのモノを買ったり、直すために稼がなければいけないと考えましょう。

そうすれば、前を向くことが出来ます♪

 

3-2.思い出

思い出

 

次に、思い出です

 

傷自体もその時その行動をして頑張って生きていた証です。

 

どのような活動だったとしてもそれは思い出です。

 

人が活動していれば、ある程度生活傷はつきます。

その時についた傷だと考えて、寧ろ楽しむ位のきもちでいましょう♪

 

3-3.味

味

 

最後に、味です

 

モノの傷は、そのモノにしかない味だということです。

 

これは人で言えば個性です。

 

人が色々な文化や考えを知りながら、個性を持っていくことと同じです。

自分だけの一品であると把握しましょう♪

 

まとめ

 

モノの傷が気にならなくなる考え方【3選】

・買う・直す

・思い出

・味

 

このように、買ったり直したりできるのならそうしていく必要があり、稼ぐ方向に考え直すのも考えられます。

 

また、その傷自体を肯定的に考えて、思い出や味として楽しむのも良いでしょう。

それでも、元々気になりやすい方は気になるでしょう♪

 

そういう時には、誰でも生活傷はついてしまいますし、自分以外の人はもっと傷つけているかもしれないと考えましょう。

 

自分だけではないという考えがあれば、少しでもきもちは和らぐはずです

 

徐々に傷すら楽しんでいけるようにしましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog