Think(考える)

図書館が嫌いな人に知ってほしいこと【3選】

 

 

本を読むのが好きな人には図書館が大好きな人も多いでしょう。

 

ますたん
ですが本を読まない人にとって、図書館は何をするべきところなのか分からないと思います♪

 

することもなく暇になってしまうので、嫌いというよりも、謎の施設に思えるかもしれません。

 

結論

結論から言えば、図書館は人生を豊かにする要素がたくさん含まれています。

 

1.図書館が嫌いとは

図書館が嫌いとは

 

図書館嫌いとは言っても絶対に図書館にだけは入りたくないという人はいないでしょう♪
ますたん

 

入るだけなら別に構わないけど、本を読むことがないので何しに行くのか分からないのが本音だと思います。

 

ますたん
図書館は本屋さん同様たくさんの本が置いてあるでしょう♪

 

読者はあなたの人生を豊かにしてくれる手っ取り早い方法です。

 

2.なぜ嫌いなのか

なぜ嫌いなのか

 

基本的には本を読むのが嫌いだからです♪
ますたん

 

デパートなどに行けば、各々の好きな商品を見に行けるかもしれません。

 

ますたん
ですが、ギャンブルをしない人がパチンコ屋に出入りしたらどうでしょう?

 

基本的にはうるさくて何しに行くのか分からないと思います。

 

これは図書館でも同様で、うるさくはありませんが、静かにしなくてはいけないので、逆に苦痛を感じてしまう人もいるでしょう。

 

本が嫌いな人にとってわざわざ図書館に出入りするわけがないのです。

 

3.図書館が嫌いな人に知ってほしいこと【3選】

図書館が嫌いな人に知ってほしいこと【3選】

 

図書館が嫌いな人に知ってほしいこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.新たな発見

新たな発見

 

先ずは、新たな発見です

 

本を含めなかなか自分の慣れている分野以外の事に触れる機会は少ないでしょう♪
ますたん

 

図書館にはさまざまな本があり、沢山の情報で溢れかえっています。

 

ますたん
分野ごとに整理整頓されているので、ざっくり知りたい場合には検索より手っ取り早いです♪

 

また、本になっているだけあり、正確な情報を知れる傾向にあることが言えます。

 

新しい情報はに気軽に触れられることで、新たな発見があるかもしれません♪
ますたん

 

今まで想像もしていなかったシミができることもあるでしょう。

 

3-2.感性

感性

 

次に、感性です

 

人は何気なく生活していると退屈に感じてしまいます。

 

ますたん
感性を研ぎ澄ませて生活することで、日々の生活に感謝ができるようになるでしょう♪

 

ですが、人からどう考えるべきなのかを言われたとしても、自分が思わない限り基本的には理解できません。

 

様々な本を読んでいくことで考え方が変わり、結果として自ら感性が研ぎ澄まされていくのです。

 

宗教チックになりましたが、感性が研ぎ澄まされることは人生を豊かにするのと直結していきます。

 

3-3.成果を知る

成果を知る

 

最後に、成果を知るです

 

本というのは基本的に何かを行った成果を教えてくれます。

 

1番便利なのは自分で実験のように行う必要がないということです♪
ますたん

 

試さずとも成果を知ることができるので、どんどん賢くなっていきます。

 

ますたん
無駄なリスクを取らず堅実に生きることができるようになるでしょう♪

 

結論:図書館は人生を豊かにする

 

図書館が嫌いな人に知ってほしいこと【3選】

・新たな発見

・感性

・成果を知る

 

図書館はお金もかからず、本も読めるのが特徴です。

 

少し古い本が多いかもしれませんが、最新情報ではなくざっくり色々な情報が知りたい場合には適しています♪
ますたん

 

ざっくりと言っても、様々な興味ある本を手に取ることができるという意味であり、本に書かれている情報は基本的には性格です。

 

ますたん
図書館に少し足を向けて、活字を読む習慣を身につけてはいかがでしょうか♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog