Think(考える)

言語化するのが難しいと感じる時の対処法【3選】

 

 

誰しも言葉で表せない時はあります。

 

ますたん
一方で簡単なことも言葉で表せない時は、モヤモヤしてしまうでしょう♪

 

日頃から自分を表現できるように特訓していく必要があります。

 

結論

結論から言えば、表現の仕方を知っていくとともに、実際に言葉に出していくことが大切です。

 

1.言語化するのが難しいと感じる

言語化するのが難しいと感じる

 

実際頭で考えていることを言葉にするのは難しいかもしれません♪
ますたん

 

なぜなら、明確に考えていることばかりではなく、感覚で捉えているものもあるからです。

 

ますたん
人に説明する際などには言葉で表現しなければならないでしょう♪

 

そんな時に、表現できないことがもどかしく感じることもあるかもしれません。

 

2.難しく考えすぎかも

難しく考えすぎかも

 

自分の考えていることを的確に表現するためには様々な熟語を知っていなければなりません。

 

頭の中の出来事を忠実に言語化できる人は少ないでしょう♪
ますたん

 

ですが、実際にそのレベルで話を行うことは少ないと思います。

 

ますたん
相手が理解できなければ自己満足に過ぎないでしょう♪

 

簡単な言葉で自分を表現していければ基本的には問題ないです。

 

3.言語化するのが難しいと感じる時の対処法【3選】

言語化するのが難しいと感じる時の対処法【3選】

 

言語化するのが難しいと感じる時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.口に出す

口に出す

 

先ずは、口に出すです

 

考えていることを口に出すことで、相手がどのように感じるかを気にしすぎているかもしれません。

 

日頃から考えていることを気軽に口に出す練習をしておくと良いでしょう♪
ますたん

 

独り言でも構わないので、考えながら話してみると自然と話せるようになってくるはずです。

 

ますたん
自分が失礼ではないと感じるのであれば、思っていることは発言してみましょう♪

 

もし指摘を受けたとしたら、考えを改めていけば良いだけです。

 

3-2.インプット

インプット

 

次に、インプットです

 

単純に考えていることをどのように言い表せば良いのかわからない場合にはインプットが足りていません。

 

本を読んだり、テレビをみたり、SNSを開いたり、他の人の表現で気になることがあれば調べてみましょう♪
ますたん

 

日頃からアンテナを張り、調べる癖をつけていくことで、周りの人がどのように表現しているのかを学べます。

 

ますたん
表現の仕方を知らないだけであれば、インプットをするだけで自然と言語化できるようになってくるでしょう♪

 

3-3.使ってみる

使ってみる

 

最後に、使ってみるです

 

難しい言葉は基本的に使う必要はありません。

 

一方で自分が専門としている分野は使うことのある言葉でしょう♪
ますたん

 

この場合には、ケースに当てはめて実際に使ってみる必要があります。

 

頭で理解しているのと使うのが違う場合もあるので注意が必要です。

 

結論:インプット+口に出す練習

 

言語化するのが難しいと感じる時の対処法【3選】

・口に出す

・インプット

・使ってみる

 

ますたん
簡単に考えればインプットとアウトプットを両方しなければなりません♪

 

どちらかだけではなかなか言語化するのは難しいからです。

 

難しい事を話そうと意識するのではなく簡単に自己表現できるようにしていく必要があるでしょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog