Think(考える)

はっきり言う人が嫌い!?はっきり言う人への接し方【3選】

 

 

ますたん
あなたの周りには物事をはっきり言う人はいませんか?

 

人によっては相手の気持ちを考えていないように見えて嫌いな方もいるでしょう。

 

結論

結論から言えば、どのような人なのかを冷静に捉えて、適切に接していく必要があります。

 

1.はっきり言う人とは

はっきり言う人とは

 

日本人の性格上相手の気持ちを考えて話をすることが多いはずです。

 

そんな中、きっぱり否定をする方もいます♪
ますたん

 

はっきり言われることで馴染みづらいと考える方も多いでしょう。

 

ですが仕事のを同じチームにいる場合など、避けることができない場合もあるので、接し方について考えていく必要があるのです。

 

2.怒ってくれる人との区別

怒ってくれる人との区別

 

ますたん
はっきり言われることで、怒っているのではないかと感じてしまうこともあるでしょう♪

 

ここで注意しておきたいのが、自分のためを思って怒ってくれる方の存在です。

 

大人であれば注意せず関わらないようにします。

 

つまり、もし自分が道を外れている場合に怒ってくれる存在はとても重要なのです。

 

感情的にならずしっかり冷静に考えていきましょう♪
ますたん

 

3.はっきり言う人が嫌い!?はっきり言う人への接し方【3選】

はっきり言う人が嫌い!?はっきり言う人への接し方【3選】

 

はっきり言う人が嫌い!?はっきり言う人への接し方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.意図を汲み取る

意図を汲み取る

 

先ずは、意図を汲み取るです

 

はっきり言われると嫌な気になって、何も聞こえなくなってしまう方もいるでしょう。

 

ですが、そこは気持ちを押し殺して聞いてみると良いです。

 

もしかしたら自分の意見と違うアプローチなだけで、同じこと思っているかもしれません。

 

ますたん
協力できる可能性もあるので、なぜその発言をしているのか意図を汲み取ってみましょう♪

 

3-2.客観視

客観視

 

次に、客観視です

 

物事をはっきり言う人は、主観的な意見が多いかもしれません。

 

主観的なのかどうかを俯瞰してみましょう♪
ますたん

 

あくまでも自身は客観的な意見でいることが大切です。

 

最終的に賛同が取れるのは客観的意見であることが多いからと言えます。

 

3-3.自分の意見を持つ

自分の意見を持つ

 

最後に、自分の意見を持つです

 

物事を客観的に考えて発言をすることは大切かもしれません。

 

ますたん
ただし、相手の意見を客観視するだけでは何も変わらないでしょう♪

 

その中にしっかり自分の意見も伝えていく必要があります。

 

はっきり言われても動じないことが大切です。

 

結論:自身もはっきり言う

 

はっきり言う人が嫌い!?はっきり言う人への接し方【3選】

・意図を汲み取る

・客観視

・自分の意見を持つ

 

1番簡単なのは相手に合わせる方法かもしれません。

 

はっきり言う人にははっきり伝えていきましょう♪
ますたん

 

はっきり言う人は隠し事ができない素直な人かもしれないので、あなたの意見を聞き入れてくれるかもしれないです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog