Blog(ブログ)

文章を効率的に書いていくために必要なコツ【3選】

 

 

ますたん
皆さんは文章を書くのが得意ですか?

 

作文や卒業論文などで書いた以外文章を書くということはあまりないかもしれません。

 

結論

結論から言えば、文章の全体像を最初から捉えて、科学的により良い文章を作っていこうと心がけていくことが重要なのです。

 

1.文章を効率的に書くとは

文章を効率的に書くとは

 

文章を効率的に書くとは、より良い文章を短時間において書いていくことです

 

文章というのは基本的には書き手側の意思を読み手側に的確に伝えることが大切と言えます。

 

ですからどのように書いたら相手に伝わるのかを正確に考えていくことが必要となります。

 

ですがそれをすることは思っている以上に難しく、経験のない方は困惑することでしょう。

 

ますたん
そこでいかに効率的に文章を書けるようになっていくかというのがポイントになってくるのです♪

 

2.なぜ文章を効率的に書くのか

なぜ文章を効率的に書くのか

 

効率的が良いというのには短時間で書くということが言えます

 

商品を作る際に金額をかければ質が上がってくるというのは当然のことです。

 

ますたん
文章の場合はそれが時間と考えられるでしょう♪

 

時間をかければかけるだけ、詳細なところまで意識がいき、より良い文章になりやすくはなってくるのです。

 

ですが時間をかけすぎることはあまり良いこととは言えません。

 

結果として良い文章が書けていれば良いわけで、そういった意味で効率ということが大切なのです。

 

3.文章を効率的に書いていくために必要なコツ【3選】

文章を効率的に書いていくために必要なコツ【3選】

 

文章を効率的に書いていくために必要なコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.書く手段の多様性

書く手段の多様性

 

先ずは、書く手段の多様性です

 

人は同じ体制で書いていると飽きてしまいます。

 

ますたん
何事も一緒ですが変化を与えてやることが大切なのです♪

 

ですから自分の中で様々な方法を取り入れてみましょう。

 

例えば以下の通りです

・音声入力

・デスクトップPC購入

・ノートPCでカフェで作業

 

無理に行う必要はありませんが変化を与えることで新鮮な気持ちで文章を変えて行くことができます。

 

ますたん
それを行なっていく過程で新たな発生が生まれてくるかもしれないのでとても有用なものとなるでしょう♪

 

3-2.事前にフレームワークを決定

事前にフレームワークを決定

 

次に、事前にフレームワークを決定することです

 

文章を何と言っても枠大切なのと言えます。

 

ますたん
この枠は、簡単に言えば人に伝えたいことと言えるでしょう♪

 

その人に伝えたいとされる枠を文章の構成として先に組み立ててしまうのです。

 

そうすることでそこからぶれることなく自分の伝えたいことを的確に相手に伝えることができます。

 

伝えたいことから外れ余談に走りすぎてしまうこともなくなるわけです。

 

3-3.執筆と訂正・確認の区別

執筆と訂正・確認の区別

 

最後に、執筆と訂正・確認の区別です

 

執筆する時は執筆に集中することが重要と言えるでしょう。

 

ですから確認するのはその後でも大丈夫なのです。

 

確かに紙で書いている場合は簡単に確認・訂正できないので、基本的にはパソコンで書いていくことが重要と言えます。

 

ますたん
もしそれが不可能なのであれば、下書きをした後に訂正を加えそれを、正式な文章として書いていきましょう♪

 

おすすめは訂正の種類をいくつかに分類してその視点から見ていくことです。

 

1回目 内容の整合性

2回目 誤字・脱字

3回目 語尾の重複

4回目 通しで読む

 

このように訂正もいくつかの視点に分類すると最終的により良い文を書いていることにできます。

 

結論:日々 PDCA

 

文章を効率的に書いていくために必要なコツ【3選】

・書く手段の多様性

・事前にフレームワークを決定

・執筆と訂正の区別

 

科学は失敗を繰り返してそれを訂正してきたからこそ今があるわけです。

 

ますたん
これは個人単位でも同様でとりあえずやってみて失敗があれば訂正するということを繰り返しましょう♪

 

そうすることで文章をもよりよいものとしていくことができるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Blog(ブログ)
-, ,

© 2022 masutannblog