(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験を解く上で最低限守りたい注意点【3選】

 

 

簿記試験は闇雲に解いても合格できません。

 

ますたん
気にしすぎる必要はありませんがある程度注意すべき点はあります♪

 

いくつかの注意点を頭に入れつつ試験に臨むことが大切です。

 

結論

結論から言えば、形式と実質のどちらも怠ることなく、試験に集中できるように注意していくのが重要になります。

 

1.簿記試験の注意点とは

簿記試験の注意点とは

 

考えずに試験を受けると様々な問題が発生します。

 

試験当日いきなり問題が発生してしまうと対処しきれません♪
ますたん

 

できるだけ問題を事前に把握して対処法を講じていくことが大切です。

 

ますたん
試験に慣れていない方にとっては、特に重要なことと言えるでしょう♪

 

2.形式と実質両方での注意

形式と実質両方での注意

 

形式的にこうすれば良いと考えてもそうなるとは限りません。

 

なぜなら、対処法が抽象的であったり不可能なものである場合は要注意です。

 

現実的に行えるレベルの対処法を考えていきましょう。

 

一般的に無理なレベルは求められていないのです♪
ますたん

 

3.簿記試験を解く上で最低限守りたい注意点【3選】

簿記試験を解く上で最低限守りたい注意点【3選】

 

簿記試験を解く上で最低限守りたい注意点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.簡単な問題から

簡単な問題から

 

先ずは、簡単な問題からです

 

簡単と思える問題から解いていきましょう♪
ますたん

 

スピードも求められてはいますが、どちらかといえば確実性の方が大切です。

 

すべての勉強を終えていて、難しい問題が解けたとしても、試験時間内に終わらないのであれば意味がありません。

 

時間がかかりそうな問題や、勉強したことのない問題は後回しにする必要があります。

 

3-2.引きずらない

引きずらない

 

次に、引きずらないです

 

問題が解けない場合引きずってしまうことが考えられます。

 

ますたん
引きずってしまえば頭がもやもやして簡単な問題も解けなくなってしまうかもしれません♪

 

その問題が解けなかったとしても次の問題をしっかり磨いた方が点数が高いのは明らかです。

 

解けそうで解けない問題は特にモヤモヤしてしまいますが、きっぱり諦めましょう♪
ますたん

 

3-3.パニックにならない

パニックにならない

 

最後に、パニックにならないです

 

パニックになってしまうと、頭が真っ白になり何も考えられなくなります。

 

ますたん
筆者も経験があり、一生懸命勉強して行ったのにも関わらず、一桁の点数ということもありました♪

 

これは、分かっていないのではなく考えられなくなってしまっているのです。

 

合格したいという気持ちが強くて緊張してしまう方は、今回は落ちても良いと考えてしまいましょう♪
ますたん

 

その方が点数が伸びるかもしれないです。

 

結論:落ち着いて確実に解いていく

 

簿記試験を解く上で最低限守りたい注意点【3選】

・簡単な問題から

・引きずらない

・パニックにならない

 

ますたん
落ち着いて簡単な問題から自分が点数を取れるように磨いていきましょう♪

 

当然のように思えますがこれを行うのは実際に難しいです。

 

急ぐことなくあくまでも確実に、練習を積み重ねていくようにしていくのが大切と言えます♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog