(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記を勉強して感じる難しさ【3選】

 

 

簿記も難しいところと簡単なところがあります。

 

ますたん
難しいと感じてしまうと勉強が嫌いになってしまうかもしれません♪

 

難しさを把握して改善策を講じていくことで楽しく勉強を続けていきましょう。

 

結論

結論から言えば、簡単なことを正確に行っていくのが1番難しいと言えます。

 

1.簿記は簡単なのか

 

簿記は簡単ではありません。

 

奥が深く勉強をすればするだけ、難しい論点が目につくようになってきます♪
ますたん

 

一方で全て完璧に解けるようにならなければいけないのかと言われればそうでもありません。

 

簡単な部分をミスなく解けるようにしていく必要があるのです。

 

2.継続は力なり

 

ますたん
簿記を勉強していて難しく感じているか否かにかかわらず、継続していることが最強と言えます♪

 

難しいと感じているところであったとしても、勉強を継続してさえいれば簡単に感じてくるかもしれません。

 

それとは別に、あまりに細かすぎて重要性が低い論点に関しては、時間をかけすぎてもよくないでしょう♪
ますたん

 

重要論点を明確にして継続的な勉強が必要なのです。

 

3.簿記を勉強して感じる難しさ【3選】

 

簿記を勉強して感じる難しさ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.視点

 

先ずは、視点です

 

簿記は通常取引を記録します。

 

ますたん
つまり、相手がいることが多く、相手も同じように記帳を行っていることがあるでしょう♪

 

逆の視点によって会計処理できるようにならなければなりません。

 

ですが、普段行なっている会計処理をそのまま逆にすれば良いわけでもないので、難しいと感じる部分です。

 

3-2.集計

 

次に、集計です

 

仕訳などの会計処理ができたとしても、その後集計しなければなりません。

 

集計に何かコツがいるのかと言われれば、慣れは必要ですが、ただ加減算するだけとも考えられます♪
ますたん

 

正確に集計することは思っているよりも難しいことです。

 

ますたん
自分なりに正確な集計方法を身につけていく必要があります♪

 

3-3.表示

 

最後に、表示です

 

一般的な期中における会計処理は、会社によって異なる部分もあります♪
ますたん

 

一方で他の会社と比較できるように財務諸表上は特に決まりに従って表示しなければなりません。

 

様々な会社に対する当座預金があったとしても、表示としては通常現金や普通預金と同様に「現金及び預金」として表示します。

 

簡単なように思えて、意外と難しいです。

 

結論:正確に処理するのが大変

 

簿記を勉強して感じる難しさ【3選】

・視点

・集計

・表示

 

想像通り正確に処理することが難しいのが簿記と言えるかもしれません。

 

ますたん
ですが、正確に行っていくことが問題が生じる可能性を無くし、結果として簡単とも考えられます♪

 

是非、正確に会計処理できるように努力していきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog