Think(考える)

勉強の休憩時間でスマホを触るときの注意点【3選】

 

 

昨今においてスマホはとても大切な存在です。

 

ますたん
勉強を行っている休憩時間でも触りたくなる人が多いかもしれません♪

 

一方で、勉強とスマホは相性が悪いと考えられることも事実です。

 

結論

結論から言えば、無理にやめるのではなく、注意点を守っていきましょう。

 

1.勉強の休憩時間でスマホを触る

勉強の休憩時間でスマホを触る

 

勉強を行っていると、頭が疲れてくるのでスマホを触って休憩したいと考えるでしょう♪
ますたん

 

一方で、ずっとスマホを触ってしまったり、目が疲れてしまうので良くないと言われたりします。

 

ますたん
良くないから、今日からやめようと考えてもそう簡単には習慣を変えるのは難しいです♪

 

やめたほうが良いかもしれませんが、ストレスを溜めるほど全面的に止める必要もないでしょう。

 

2.依存はNG

依存はNG

 

無理にやめることはよくないから今まで通り普通に触っていこうと考えている場合には注意が必要です。

 

なぜなら、休憩時間はあくまでも休憩するためにあるので、何もしない時間も大切と言えます。

 

スマホを触らないとイライラしてしまったりする場合には意識していかなければなりません♪
ますたん

 

いずれにしても依存していることは良くないのです。

 

3.勉強の休憩時間でスマホを触るときの注意点【3選】

勉強の休憩時間でスマホを触るときの注意点【3選】

 

勉強の休憩時間でスマホを触るときの注意点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.時間を決める

時間を決める

 

先ずは、時間を決めるです

 

ますたん
休憩時間全てスマホを触っているのはよくありません♪

 

単純に休憩時間で休憩できないからです。

 

やすめる時間は必ず確保しましょう♪
ますたん

 

せっかく勉強を頑張っているので、勉強を中心に考えなければなりません。

 

そのためにはスマホを触り頭を疲弊されることを避ける必要があります。

 

3-2.モチベーション

モチベーション

 

次に、モチベーションです

 

勉強などを頑張ることはモチベーションが大切になってきます。

 

ますたん
一方で、特にSNSなどで他の人と絡むと、批判される可能性があるでしょう♪

 

普段は冷静に受け止められても、勉強で疲れている場合にはモチベーションが下がってしまうかもしれません。

 

スマホを使うことでモチベーションが下がる可能性のあることは事前に排除していく必要があります。

 

3-3.ブルーライトカット

ブルーライトカット

 

最後に、ブルーライトカットです

 

本気で勉強を行おうと思ってる方が目を大切にしていかなければなりません。

 

ブルーライトをカットできるメガネ、フィルム、設定などを利用していきましょう♪
ますたん

 

寝る前などにスマホをいじっている方は特に注意が必要です。

 

ますたん
睡眠が妨げられれば、間接的に勉強に影響が出てきてしまいます♪

 

結論:全面的に禁止せずとも注意が必要

 

勉強の休憩時間でスマホを触るときの注意点【3選】

・時間を決める

・モチベーション

・ブルーライトカット

 

何も触るか触らないかの二択ではありません♪
ますたん

 

触る場合に何も気にしないで触るのと注意しながら触るのでは大きな違いです。

 

ますたん
一方でスマホを触ることで、目が疲れてしまったり、情報量の多さで頭が疲れてしまうのも事実でしょう♪

 

うまくスマホと付き合っていく必要があります。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog