Bookkeeping(簿記)

簿記はボールペンで解くのがおすすめな理由【3選】

 

 

ますたん
簿記の試験は、シャーペンや鉛筆での解答が多いですよね♪

 

ですが、税理士や会計士を受ける方は勿論、ボールペンで学習するのはおすすめです。

 

結論

結論から言えば、ボールペンで日常的に簿記を勉強していると、効率的に行っていくことができます。

 

1.簿記をボールペンで解くとは

簿記をボールペンで解くとは

 

簿記の勉強は、学校での試験や資格試験などの影響もあり、シャーペンや鉛筆で解く方が殆どです。

 

ますたん
そんな中、ボールペンで日常の勉強を行う方もいます♪

 

ですがこの方法は想像以上に効率的です。

 

このなんとも小さいように感じる変化ですが、全然変わってくるので是非実践しみてください。

 

2.筆記用具はとても大切

筆記用具はとても大切

 

筆記用具というのは、意外と適当に選んでしまいがちですが、重要な要素です。

 

なぜなら、少し行うだけなら気にならないのですが、長時間行動するのなら別です。

 

ちょっとした変化でも大きく変わってきます。

 

ますたん
ですから、筆記用具にこだわりをもっていきましょう♪

 

3.簿記はボールペンで解くのがおすすめな理由【3選】

簿記はボールペンで解くのがおすすめな理由【3選】

 

簿記はボールペンで解くのがおすすめな理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.考える

考える


先ずは、考えることです

 

ますたん
ボールペンで書く際には、修正テープなどでないと修正できません♪

 

ですから、書く前に少し緊張感を持って書くことになります。

 

鉛筆やシャーペンの場合は、消せる安心感から、とりあえず書いてしまいます。

 

ですが、簿記は考えて頭を整理することが大切で、間違えたことを書くと頭が混乱しがちです。

 

ますたん
ボールペンで書くと、より考えたことを書いていくので、理にかなっています♪

 

3-2.書き心地が良い

書き心地が良い


次に、書き心地が良いことです

 

ボールペンは基本的に滑らかな書き心地でストレスが少ないです。

 

ますたん
長時間書く場合には、意外とこの細かい違いが手や腕への疲れに関わります♪

 

その中でも、書いていて心地よく、書きたくなるようなボールペンを選びましょう。

 

自分のモチベーションがあがるような、こだわりの逸品を使うことが大切です。

 

3-3.書き後が残らない

書き後が残らない


最後に、書き後が残らないことです

 

正しくは日常的な計算で修正テープなどは使わないことが多いので、書き後は関係ないのです。

 

人によっては書いた後が気になったり、綺麗に書かないと気に入らなかったりします。

 

ボールペンで間違えた場合は、塗りつぶす程度で十分です。

 

ますたん
新たなきもちで計算に望むことができると言えます♪

 

結論:ボールペン最強


簿記はボールペンで解くのがおすすめな理由【3選】

・考える

・書き心地が良い

・書き後が残らない

 

ボールペンが最強だということが分かっていただけましたか?

 

ますたん
税理士や公認会計士の試験は勿論、実務ではボールペンが殆どです♪

 

そういった点も踏まえて早めに慣れてしまいましょう。

 

ますたん
効率的にこなしていきましょう♪

 

では、今回は以上です。

ご視聴ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog