Think(考える)

ブラック企業にありがちな特徴【3選】

 

 

ますたん
昨今においてもブラック企業に入社してしまい落ち込んでしまう方も多いでしょう♪

 

ではブラック企業とはどのような特徴があるのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、客観的にブラック企業の特徴に該当するのかを判断していくことが重要と言えます。

 

1.ブラック企業とは

ブラック企業とは

 

ブラック企業とは、違法な状況など劣悪な労働環境を強いる企業です。

 

ブラック企業が分かっている上で就職をする方はいませんよね♪
ますたん

 

つまり、ブラック企業であることを見抜けず、就職した後に気づくケースがほとんどです。

 

事前に特徴を把握しておき、出来る限り働きに行く前に気づくことが必要と言えます。

 

2.客観的に判断

客観的に判断

 

ブラック企業であるかどうかの判断は客観的に行うことが大切です。

 

主観で考えて会社を退職してしまうと、後の会社がもっとブラック企業である可能性も否めません。

 

ブラック企業であるかどうかの判断の前に、自身に合っているかどうかは、人により異なります。

 

ますたん
自分を押し殺すのではなく、人に相談しながら判断していきましょう♪

 

3.ブラック企業にありがちな特徴【3選】

ブラック企業にありがちな特徴【3選】

 

ブラック企業にありがちな特徴【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.労働環境

労働環境

 

先ずは、労働環境です

 

優良企業であれば従業員に有意義に働いてもらえるために配慮がなされます。

 

オフィスの環境だけでなく、有給休暇の消化率なども良い傾向にあるでしょう♪
ますたん

 

福利厚生がしっかりしているように見えても、従業員が利用できていなければ意味がありません。

 

形式的な面でなく実質的に判断していくことが大切です。

 

3-2.勤務時間

勤務時間

 

次に、勤務時間です

 

勤務時間が短ければ、プライベートが充実できます。

 

仕事を効率的にこなして勤務時間を減らしていくことが大切です。

 

そんな中、自身の仕事が終わっても次の仕事を割り振ったり、仕事をする時間が説教によりなくなっていたりする場合があります。

 

ますたん
本人がいけない場合もあるので状況にはよりますが、ブラック企業は勤務時間が長くなる傾向にあるでしょう♪

 

勤務時間をはるかに超えて夜中まで働いている場合には、給料は正社員なのにも関わらずアルバイトした方が多くなることもあります。

 

3-3.やりがいや責任

やりがいや責任

 

最後に、やりがいや責任です

 

仕事においてやりがいや責任はもっとも重要と言えます♪
ますたん

 

ですが、それにも限度があります。

 

ますたん
終わらない仕事量を押し付け、発生した問題に対して責任を取らせようとするケースも散見されるでしょう♪

 

仕事を一生懸命行ったのにも関わらず終わらない仕事量を押し付けている場合には、責任を取るべきは会社側です。

 

顧客に迷惑がかかるなどを理由に従業員のせいにしてくることもあるので要注意と言えます。

 

結論:実質的に判断

 

ブラック企業にありがちな特徴【3選】

・労働環境

・勤務時間

・やりがいや責任

 

ブラック企業である場合には訴えられないようにグレーゾーンを走っている企業も多いでしょう。

 

良い会社とは言えませんが法的にアウトとも言えません♪
ますたん

 

ただそのような会社にいても良いことはなく、働いている人からすればその時点でブラック企業です。

 

形式的に見るよりも働いているあなたが一番わかっているので、人に相談しながら冷静にブラック企業であるかどうか特徴と照らし合わせながら判断しましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog