Think(考える)

会社を辞めた方が良い人の特徴【3選】

 

ますたん
皆さんは会社を辞めたいですか?

 

基本的に会社を辞めない方が良いと言われますが、辞めた方が良い人もいます。

 

結論

結論から言えば、いくつかの特徴を持っている方が会社を辞めたほうが人生うまくいくことが考えられます。

 

1.会社を辞めたくなる瞬間

会社を辞めたくなる瞬間

 

会社を辞めたくなる瞬間は、様々考えられます。

 

例えば以下の通りです

・給与の額

・社会保障

・人間関係

 

一般的には会社を辞めない方が良いと言いますが、実際はそんなこともありません。

 

ますたん
なぜなら良い会社であれば辞めたくならないからです♪

 

良くないから辞めたいのであり、その場合には辞めない方が良いとも言えません。

 

ますたん
ですから慎重に検討していく必要はありますが、辞めていけないわけではないと考えておきましょう♪

 

2.なぜ会社は辞めない方が良いのか

なぜ会社は辞めない方が良いのか

 

会社でつくっていくものは様々あり、それを再度つくり直さなければいけないので、大変ではあるでしょう。

 

つくり直すこと

・会社特有の知識

・人間関係

 

会社特有の知識とは、物の配置やルールを覚えなければいけないことです。

 

ますたん
今自分が別の会社に移動したとき、業種が同じでも何が変わるか想像してみましょう♪

 

変わってしまうところが沢山あり、少なからず苦労することは目に見えています。

 

また、今より良いところに就職できるとは限りません。

 

ですから一般的には会社を辞めない方が良いという方が多いのです。

 

3.会社を辞めた方が良い人の特徴【3選】

会社を辞めた方が良い人の特徴【3選】

 

会社を辞めた方が良い人の特徴【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.向上心がある

向上心がある

 

先ずは、向上心があることです

 

会社で働いていて向上心がある場合、給料も伴わなければ不満が出てきます。

 

一定のところまでは上がったとしても、それ以上は上がらないという会社も多いです。

 

人は成長し続けるのに給料が止まることを不満に思う方は、会社勤めが向いていないかもしれません。

 

ますたん
逆に、向上心があっても給料には満足していて、人や会社のためになれるかを極めて行きたい方は向いている場合もあるでしょう♪

 

3-2.自律している

自律している

 

次に、自律していることです

 

自分で律していける方は、会社を辞めても問題ない可能性が高いです。

 

個人事業主として働くにしても法人を設立するにしても転職するにしても自分で行わなければいけません。

 

どうしたらよいか分からない場合は行動して考えなければならず、その行動に至らない方は会社を辞めるのは危険です。

 

ますたん
逆に自分でアクティブに動いていける方は安定して次の人生を歩めるので問題はないでしょう♪

 

3-3.文字が読める

文字が読める

 

最後に、文字が読めることです

 

絶対に文字が読めなければいけないわけではありませんが、分からないことは調べなければいけません。

 

その際に、細かい文字を読めるかどうかというのは思ってる以上に大切なのです。

 

本を読むのが好きだったりする方は、それだけで色々な情報を仕入れることができます。

 

ますたん
ですから会社を辞めても分からないことがあればすぐに調べて理解していけることでしょう♪

 

結論:自分の向いている道を選択しましょう

 

会社を辞めた方が良い人の特徴【3選】

・向上心がある

・自立している

・文字が読める

 

 

ますたん
なんだかんだ会社にいるのが心地よい方は止めない方がいいです♪

 

なぜならやめる場合には手続きが多く、面倒だからです。

 

ますたん
ただそれでもやめて次の人生を歩んでいきたいという方は、やめた方が良いでしょう♪

 

辞めるか辞めないかは重要な問題ですが、辞めたとしても行動していける方にとってはあまり問題ではありません。

 

ますたん
次のステップに上がるためにやめるという選択をするのもありでしょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog