(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

勉強がつまらない人が一瞬で楽しくなる考え方【3選】

 

 

ますたん
勉強がつまらない状況だと学びたい内容が頭に入ってきません♪

 

そうなると試験の成績が悪くなってしまうどころか、ストレスも溜まってしまいますよね。

 

結論

結論から言えば、勉強がつまらない状況を早期に解消して楽しく勉強ができるようにしていきましょう。

 

1.勉強がつまらない状況

勉強がつまらない状況

 

勉強はやらなければいけないと思っている場合はもちろん、楽しくやっていてもつまらなくかんじてしまうこともあります。

 

前者の場合には勉強の楽しみを知らない状況です♪
ますたん

 

これに対して後者の場合には勉強に飽きてしまっている状況と言えるでしょう。

 

その時に如何に対処していくかによって、勉強効率を上げていくことが可能です。

 

2.勉強がつまらないことで起こる弊害

勉強がつまらないことで起こる弊害

 

ますたん
勉強がつまらないと非効率的になり成果を出して行くことができなくなります♪

 

学校や会社における成績はもちろんのこと、資格の取得などにおいても勉強効率は重要です。

 

楽しく勉強をしていくことが継続のコツと言えます♪
ますたん

 

また、人は感情が入った時の記憶は残りやすいです。

 

つまらないのに無理やり勉強をしたとしても、頭に残らなければ意味がないと言えます。

 

3.勉強がつまらない人が一瞬で楽しくなる考え方【3選】

勉強がつまらない人が一瞬で楽しくなる考え方【3選】

 

勉強がつまらない人が一瞬で楽しくなる考え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.背景を知る

背景を知る

 

先ずは背景を知るです

 

勉強をする時代背景などがわからない場合、なぜそのような考えに至るのか分からないことも多いと言えます。

 

ますたん
背景を知ればその時代の人間が考えた内容を把握できるでしょう♪

 

勉強をするためにはその考えをもっと人と同じ立場になって考えることが重要なのです。

 

背景を意識した勉強を心がけましょう♪
ますたん

 

3-2.必要性

必要性

 

次に、必要性です

 

ますたん
背景が分かったらなぜその勉強が必要だったのか考えてみましょう♪

 

公式なのになっていたとしてもその内容は難しいです。

 

ただし、意味がわかると必要性が見えてきます。

 

世の中に必要だったことが理解できれば、勉強をするべき意味を見出せるのです。

 

3-3.普遍をとらえる

普遍をとらえる

 

最後に、普遍をとらえるです

 

勉強の内容は多岐に渡ることが想定できるので記憶にも限界があります♪
ますたん

 

そんな時に大切なのは普遍を捉えるということです。

 

簡単に言ってしまえばどのようなことにも共通して利用できる知識と言えます。

 

勉強の内容を細かく枝葉にして覚えていくのではなく、もっと大きく普遍で捉えていくのです。

 

ますたん
そうすることで勉強が得意になっていくでしょう♪

 

結論:知的好奇心

 

勉強がつまらない人が一瞬で楽しくなる考え方【3選】

・背景を知る

・必要性

・普遍をとらえる

 

ますたん
知的好奇心が駆り立てられる楽しめる要素を探しましょう♪

 

それが見付かるとゲーム感覚です。

 

楽しんで勉強している人に勝るものはありません♪
ますたん

 

では、今回は以上です。

ご視聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog