Think(考える)

シンプルに勉強を行う方法【3選】

 

 

勉強をしていると頭が混乱してきがちです。

 

ますたん
勉強が苦手の方は徐々に難しく考える癖がついています♪

 

いかにシンプルに勉強していくかが鍵を握るのです。

 

結論

結論から言えば、勉強シンプルに考えていくことで頭に記憶として定着させていくことが可能になるでしょう。

 

1.シンプルに勉強とは

シンプルに勉強とは

 

勉強はすればするだけ詳細の知識を必要とします。

 

細かく勉強をしていくことで、細かいところに集中しすぎてしまう傾向があるでしょう♪
ますたん

 

そうなれば1番大切な基礎が抜け落ちてしまう可能性があるのです。

 

ますたん
頭を整理しながらシンプルに勉強を行う癖をつけると良いと言えます♪

 

2.シンプルに勉強を行う必要性

シンプルに勉強を行う必要性

 

勉強方法も簡単に行い、シンプルに考えていけば覚えておかなければいけないことが減っていくでしょう♪
ますたん

 

人は基本的に長期的に記憶していくことが難しいのです。

 

そんな時に頭に残しておくべき知識は普遍的知識と言えます。

 

普遍的知識に集約するようにシンプルに考えられる勉強を心がける必要があるのです。

 

3.シンプルに勉強を行う方法【3選】

シンプルに勉強を行う方法【3選】

 

シンプルに勉強を行う方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ノートをつくる

ノートをつくる

 

先ずは、ノートをつくるです

 

ノートを作る際には頭で知識を整理しなければなりません。

 

ますたん
後で自分が見たときに理解しやすいようにする必要があるからです♪

 

講義を受けた時は出来る限り必要な知識を逃さないように雑でも構いません。

 

ただし、最終的には見た瞬間に分かる程度にシンプルに整えていく必要があります。

 

3-2.感覚を身につける

感覚を身につける

 

次に、感覚を身につけるです

 

通常の勉強は頭でロジカルに考えていくのが良いでしょう♪
ますたん

 

一方で問題を解く場合には、問題を解くコツが必要になってきます。

 

ますたん
問題文を見た瞬間に体が動くように感覚を身につけていきましょう♪

 

理解していなくても解けるようになってしまったり、大幅に覚えておかなければいけない知識を削減できる可能性もあります。

 

3-3.参考書は少なく

参考書は少なく

 

最後に、参考書は少なくです

 

多種多様な知識を身につけようと同じ分野の参考書をたくさん用意する人がいます。

 

参考書の名の通り参考にする程度であれば問題はありません♪
ますたん

 

ただし、日頃から覚えていくために利用している参考書は少なく絞る必要があります。

 

基本的に書かれている内容は同じなのにも関わらず違った見方があり、最終的に分からなくなってしまう危険があるからです。

 

どの参考書を見ても理解できる状態であれば問題はありませんが、混乱してしまいそうな場合には基本的に数冊の参考書で勉強していきましょう。

 

結論:勉強方法も考えもシンプルに

 

シンプルに勉強を行う方法【3選】

・ノートをつくる

・感覚を身につける

・参考書は少なく

 

複雑に考えていったとしても理解していないただの暗記であれば忘れてしまいます。

 

ますたん
基本的には理解しながら勉強していくとともに、普遍性を掴んでいきましょう♪

 

感覚的に他の分野にも使える知識として活用できます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog