Think(考える)

勉強が継続できない時に意識したいこと【3選】

 

勉強を始めたは良いものの継続できないこともあります。

 

ますたん
せっかく覚えた内容を忘れてしまえば、意味がなくなってしまうでしょう♪

 

ある程度の頻度で勉強を続けて、成長していかなければなりません。

 

結論

結論から言えば、目的意識を持って自分の周りの環境について考えていく必要があります。

 

1.勉強が継続できないとは

勉強が継続できないとは

 

勉強は楽しく感じる人でもやりたくないこともあるでしょう♪
ますたん

 

楽しいことでも長時間継続的に行うことはとても難しいのです。

 

ますたん
勉強をするのが苦手な人も沢山いるので、その方たちにとっては余計難しいことでしょう♪

 

どのようにすれば継続できるのかについて考えていかなければなりません。

 

2.そもそも継続とは

そもそも継続とは

 

勉強を継続するといってもどれぐらいの頻度で継続していけば良いのでしょうか?

 

もちろん楽しく暇な時間を全て使えれば、それに越したことがないですが難しいでしょう♪
ますたん

 

基本的には勉強した内容は少しずつ忘れていきます。

 

一方で完璧に忘れるまではかなり時間があると思うので、次見た時に「何か見たことがある」程度の記憶があるだけでも、最初勉強した時よりは有利な状況です。

 

完璧に覚えている状況で何度も繰り返すだけではなく、最低限なんとなく覚えている頻度で継続していくのが望ましいといえます。

 

3.勉強が継続できない時に意識したいこと【3選】

勉強が継続できない時に意識したいこと【3選】

 

勉強が継続できない時に意識したいこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.環境

環境

 

先ずは、環境です

 

「環境のせいにしてはいけない」このように言われることがあると思います。

 

何もかも環境のせいにしてしまえば、原因を追求しようと考えないからです。

 

環境のせいだと思うことは悪くないですが、どのように改善していけば良いのかを考えなければなりません。

 

ますたん
同じ環境で勉強を行っていると飽きが来るので、変化を加えながら集中できる環境を保っていくように考えましょう♪

 

3-2.人間関係

人間関係

 

次に、人間関係です

 

勉強をしたことがある方が周りにいれば理解してくれる可能性は高いと思います。

 

そうでなかったとしてもあなたが努力していることを、分かっている人達は、状況に応じて関係性を保ってくれるでしょう♪
ますたん

 

「勉強などしても意味がない」と思っている方が周りにいると、勉強のペースが乱れるかもしれません。

 

また、遅刻が激しかったり、振り回してくる方は自分の時間をとられてしまうだけでなく、ストレスも溜まってしまいます。

 

ストレスを発散しなければいけない時間が生まれるので、人間関係について考えることは勉強の継続のためでもあるのです。

 

3-3.目的意識

目的意識

 

最後に、目的意識です

 

ますたん
目的が具体的でない場合には、目的達成した自分を想像しづらいでしょう♪

 

受験の場合には、合格した後の進路について考えることです。

 

具体性が増して、「なぜ努力をしているのか?」が明確になってきます♪
ますたん

 

常日頃から合格した自分を想像しながら突き進むことで、継続が断たれることはありません。

 

結論:目的意識と周りの環境

 

勉強が継続できない時に意識したいこと【3選】

・環境

・人間関係

・目的意識

 

人間関係も含めて周りの環境について考え、目的意識を持った行動が必要です。

 

ますたん
嫌になるぐらい無理をし続けることも継続が出来なくなってしまう理由になりえます♪

 

ストレス発散をする時間を持ちつつ、努力を継続していきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog