Think(考える)

禁煙成功した方法【5選】

私は喫煙者でした。

 

毎日1箱以上タバコを吸っていたのですが最終的にはやめることが出来ました。

 

数年経った今となっては吸いたいとも思わないし寧ろ煙たい感じがします。

 

また、タバコをやめるとイライラもせず体の調子が良くなります。

 

ですが、タバコをやめると言っても辞めれない原因1つではありません。

 

今回は私が辞めるにあたって重要だと思ったことを方法としてまとめていきます。

 

1.場所を見直す

 

喫煙者はタバコを吸える場所を選んで生活している方も多いと思います。

 

最近では分煙や禁煙が進み飲食店で吸えない場所が増えていますよね。

 

そんな中でも、喫煙者の為に喫煙所は設けてあるところも多いです。

 

「もしかしたら吸うかもしれない」そんな気持ちで喫煙所があるところを選ぶことをやめてください。

 

これは、スマホを触らないように別の部屋に置くのと同じです。

 

積極的に完全禁煙の場所にいきましょう。

 

2.非喫煙者と生活する

 

喫煙者は喫煙所で一緒にいる喫煙者と仲良くなることも多いです。

 

ですので、喫煙者の友人がかなり多いです。

 

非喫煙者に気を遣って吸いづらいというのもあったからかもしれません。

 

ですが、もう吸わないので非喫煙者と一緒に生活しましょう。

 

そうすると、煙草を吸わない方の行動パターンが見えてきます。

 

また、タバコ以外にも楽しいものを発見出来るかもしれません。

 

3.煙草の代用品を利用

 

煙草は殆どの方が毎日のご飯以上に吸う回数が多いです。

 

ですので、吸っていた時間に何をしたら良いのか分からなくなる可能性があります。

 

そんな何もしない時間に吸いたくなるかもしれません。

 

ですので、飴やガム等気軽に口に出来る食べ物で代用します。

 

個人的には「ミンティア」「フリスク」等をオススメします。

 

4.新しいことを始める

 

空いた時間や行動パターンを変えるためにも新しいことを始めるのはとても良いです。

 

仕事・読書・運動なんでも良いですが新しいことを始めると楽しくなってある程度忘れられます。

 

体が依存している状況なので吸わない時間を長くすればするだけ依存が無くなってくると思います。

 

ですのでなにか始めてみることをオススメします。

 

5.同時に努力する

 

1つのことだけ行っていると逆に考えてしまうこともあります。

 

ですので、私は筋トレと一緒に行っていました。

 

なにか努力することを禁煙の他に用意してそちらは軽い感じで行います。

 

ですので、筋トレだとしたらたまには休んだりしても良いわけです。

 

ダイエットならたまに食べてみるとそれだけである程度満足しますよね。

 

ただ、煙草は私の場合依存度が高かったので、少し吸ったら元に戻ってしまうと思っていたので絶対に吸いませんでした。

 

このように、2つ同時に行い片側の努力をたまに甘やかして幸福感を得ながら調整していくのも大切だと思います。

 

まとめ

 

禁煙は簡単なことではありません。

 

ただ、禁煙出来るとそれだけ良い見返りがあります。

 

今回ご紹介した方法等色々な方法を模索してみて下さい。

 

それでも、全然ダメな場合禁煙外来等で相談してみると医学的に教えて頂けるのでヒントを得れるかもしれません。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog