Accounting(会計)

財務諸表論で暗記をするためのコツ【3選】

 

 

財務諸表論は理論が多く、人によっては苦戦しがちです。

 

ますたん
少なからず暗記が必要になるので、暗記が苦手な方にとっては嫌いな科目でしょう♪

 

暗記にはいくつかのコツがあるので、得意になってしまいましょう。

 

結論

結論から言えば、理解を伴って暗記していく必要があります。

 

1.財務諸表論の暗記

財務諸表論の暗記

 

財務諸表論は、理論が多いです。

 

簿記の資格の中ではトップクラスと言えるでしょう♪
ますたん

 

いかにして理論を暗記していくかがカギを握ります。

 

ますたん
どのように暗記をしたら良いのか模索していきましょう♪

 

2.自己流でも構わない

自己流でも構わない

 

理論を暗記する場合も、人のやり方を真似しようとしがちです♪
ますたん

 

一方で実際に暗記する場合には、自分に合った方法が良いと言えます。

 

無理に誰かが得意な方法を実践するのではなく、自分の暗記法に取り入れる形で参考にしていきましょう。

 

自分の暗記をする形ができてくるはずです。

 

3.財務諸表論で暗記をするためのコツ【3選】

財務諸表論で暗記をするためのコツ【3選】

 

財務諸表論で暗記をするためのコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.理解

理解

 

先ずは、理解です

 

ますたん
理解しない暗記は知識として定着しません♪

 

何度読み返したとしても、忘れてしまう危険があります。

 

語呂合わせやリズムなどで頭に刻んでおくことは大切ですが、唐突にど忘れしてしまうことも考えられるでしょう。

 

もし忘れてしまった場合にも、自己流で書いていけるように理解も伴っておくことが大切です。

 

3-2.固定文

固定文

 

次に、固定文です

 

問題を見る度に回答をすべて考えることが容易ではありません。

 

普遍的に使える言い回しを身につけておきましょう♪
ますたん

 

例えば、金融投資と事業投資の違いなどは様々な論点で応用が利きます。

 

事前に言い回しを暗記しておけば、焦ることなく実力が発揮できる可能性が高いです。

 

3-3.ほどほど

ほどほど

 

最後に、ほどほどです

 

ますたん
正直言って理論は悩んだとしても思い浮かぶものではないでしょう♪

 

ある程度考えて浮かばない場合にはその場で悩むことになります。

 

理論が主となっている財務諸表論においても、計算の点数も半分近くあるので、理論に時間を使いすぎるのは危険です。

 

平均的に考えるのであれば7割超取れていれば問題ないですし、理論を出題者の意図通りに完璧にこなすのは難しいと言えます。

 

ある程度といたら計算に移るようにしましょう♪
ますたん

 

結論:理解しながら書ける文章を増やす

 

財務諸表論で暗記をするためのコツ【3選】

・理解

・固定文

・ほどほど

 

全ての問題を何となく覚えていると一問も解けないかもしれません。

 

ますたん
あくまでも解ける問題を増やしていくイメージが良いです♪

 

そうすることで似たような論点が出題されれば部分的に点数が取れることも考えられます。

 

完璧主義にならずに自分なりに点数を稼いでいきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog