Blog(ブログ) Think(考える)

冷たい文章と言われた時の改善方法【3選】

 

 

ますたん
「冷たい文章だね」と言われたらやる気がなくても気になりますよね♪

 

どうしたら改善していけるのか考えていきましょう。

 

結論から言えば、あまり堅苦しくならずに口語で話すことも考えていきましょう。

 

1.冷たい文章とは

冷たい文章とは

 

冷たい文章とは、論文のように機械的で人間味のない文章と言えるでしょう♪
ますたん

 

公的な文章などにおいては、しっかりした調子で書かなければいけないので、冷たくてもやむを得ません。

 

ただビジネスメールならまだしも個人的になメールに関してまで冷たい場合には注意が必要です。

 

相手に不快な思いをさせないようにある程度は注意することが大切でしょう。

 

2.冷たい文章はいけないのか

冷たい文章はいけないのか

 

冷たい文章になってしまう関係性であるがやむを得ないかもしれません。

 

本当に冷たい文章

  • 「うん」
  • 「あっそ」
  • 「へー」

 

ただ冷たい文章を送ってるつもりがないのにも関わらず冷たい文章だと言われた場合には改善した方が良いです。

 

ますたん
なぜなら、文章もう目の前に人がいないだけであり言葉と同じく相手に気持ちを伝える方法と言えます♪

 

相手に正しく気持ちが伝わっていない場合には、それだけで徐々に関係性が悪くなることも考えられるのです。

 

3.冷たい文章と言われた時の改善方法【3選】

冷たい文章と言われた時の改善方法【3選】

 

冷たい文章と言われた時の改善方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.文字以外を使ってみる

文字以外を使ってみる

 

先ずは、文字以外を使ってみるです

 

ビジネス文章なのにも関わらず、絵文字を入れることは基本的にないでしょう♪
ますたん

 

ただ、「!」などはやる気が見られますのでありかもしれません。

 

個人的なメールなどでしたら、顔文字や絵文字などをを最後につけるだけでも印象が柔らかくなります。

 

どうしても文字だけだと冷たく感じる方も多いのです。

 

3-2.目の前にいることを想定

目の前にいることを想定

 

次に、目の前にいることを想定です

 

SNSで匿名性が高いものは特に、誹謗中傷が増えるイメージがあります。

 

これと同様に目の前に相手がいないからこそ、少し雑にメールを送ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時には目の前に相手がいることを想定してみてください。

 

ますたん
自然に気を使いある程度口語でうまく文章が出てくるかもしれないです♪

 

3-3.無理に返さない

無理に返さない

 

最後に、無理に返さないです

 

忙しい時に無理に返信してしまうと、相手は冷たく感じることがあります。

 

これは忙しい時はそこまで意識を張っていられないからです♪
ますたん

 

ただ相手からすればその忙しい状況は基本的に分かりません。

 

つまり忙しい時は返信しないないし、「忙しい」ことを伝えることが大切です。

 

結論:口語を意識する

 

冷たい文章と言われた時の改善方法【3選】

・文字以外を使ってみる

・目の前にいることを想定

・無理に返さない

 

口語を意識して話すだけでもだいぶ印象が変わります。

 

ますたん
文章なのに口語を使って常識のない人だと思われる方もおそらくいるでしょう♪

 

時と場合によって使い分け程度を考えていく必要はあります。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Blog(ブログ), Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog