Think(考える)

天才に勝つために行うべき勉強法【3選】

 

 

ますたん
勉強を頑張っているのに天才に及ばない♪

 

勉強をされている方ならわかる悩み方かと思います。

 

結論から言えば、天才との違いを把握して戦略的に勉強を行う必要があるのです。

 

1.天才とは

天才とは

 

天才の人は、努力ではどうにもならない力を生まれながらに兼ね備えている人のことを言います

 

ですから、こんな方々は完璧に感じます。

 

ますたん
確かに、完璧なことが多いでしょう♪

 

ですが、必ずしもそうとは限りません。

 

勝つための方法だけを模索していけば、可能性はあるのです。

 

注意ポイント

ここでは、「勝つ」と言っていますが、勝つことを考えていけば成長できる為、結果として勝てると言うお話です。人との比較はあまり意味がないというのが前提にあることは忘れないようにしましょう。

 

2.天才との違いを把握

天才との違いを把握

 

ますたん
天才の方には、あまり勉強していないような方です♪

 

例えば、以下のような能力のある方です

・1度見るだけで頭に入ってしまう

・寝ながらでも頭で勉強が出来る

 

ですから、このような方との違いは、勉強を効率的に進める能力があるか無いかです。

 

ますたん
ですが、別に能力がないからいけないわけではありません♪

 

自分を俯瞰してどのような人なのか、メタ認知することが重要です。

 

3.天才に勝つために行うべき勉強法【3選】

天才に勝つために行うべき勉強法【3選】

 

天才に勝つために行うべき勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.我慢をし過ぎてはいけない

我慢をし過ぎてはいけない

 

先ずは、我慢をし過ぎてはいけないことです

 

ますたん
我慢をし過ぎて勉強をすることは、非効率の一番の原因です♪

 

やりがちなのが、長時間過ぎる勉強です。

 

もし、15時間/日勉強した日があったとして、それを毎日継続できますか?

 

試験前なら良いですが、モチベーションが下がることが懸念されます。

 

自分の体を最優先で勉強することを意識してください。

 

3-2.自分の得意な勉強法の確立

自分の得意な勉強法の確立

 

次に、自分の得意な勉強法の確立です

 

ますたん
自分の行っている勉強法を考え直してみてください♪

 

そして、今までで一番結果が出た方法を確立させていきましょう。

 

なかなか人の真似は難しいので、他の方の勉強法が適合しないかもしれません。

 

ですから、自分の中で答えを見出していきましょう。

 

3-3.焦らずコツコツ

焦らずコツコツ

 

最後に、焦らずコツコツです

 

ますたん
今更なにを当たり前のことを言っているんだと思われるでしょう♪

 

ですが、天才の1番の欠点は失敗を経験できないことです。

 

人は、失敗から多くのことを学びますから、耐性がないのです。

 

失敗に対する改善策を積み重ね失敗に対応できるようになっていきましょう。

 

結論:天才にも長期的にみれば勝てる

 

天才に勝つために行うべき勉強法【3選】

・我慢をし過ぎてはいけない

・自分の得意な勉強法の確立

・焦らずコツコツ

 

 

ますたん
毎日コツコツ勉強を行うことは、記憶力から考えても理にかなっていますよね♪

 

昨日のご飯を考えるよりもさっき食べたご飯のほうが思い出しやすいですよね。

 

毎朝同じご飯を食べていたとしたらその内容を忘れる方が難しくなります。

 

その状態を目指してコツコツ努力すれば、天才にも勝てるかもしれません。

 

ますたん
日々無理しすぎない程度に、努力していきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)

© 2022 masutannblog