Think(考える)

正しい勉強を実践していく方法【3選】

 

ますたん
皆さんは正しい勉強法で勉強されていますでしょうか?

 

そう言われても正しい勉強をというのが何なのかが分からなければすることはできませんよね。

 

結論

結論から言えば、自分の生活を有意義なものに変えてくれるように勉強していく必要があるといえます。

 

1.正しい勉強法とは

正しい勉強法とは

 

正しい勉強とは普遍的な部分について学び、それを生かして研究を重ね結構出すことです

 

ですがそれは学者の方々を前提としたお話と言えるでしょう。

 

基本は同じでも現実的には、実際に活かしていけるような勉強をというのが正しい勉強と言えます。

 

普遍的な知識はもちろん活かしていけるでしょうがあまりにも遠すぎるとも言えます。

 

ますたん
ですからより詳細かつすぐに使えるような勉強を行っていくというのが正しい方法なのです♪

 

2.間違っている勉強について

間違っている勉強について

 

間違っているのはどれかに偏っている勉強法です

 

一つ一つが正しいことではあったとしてもどれか一つを選んで勉強するのは間違っている可能性があります。

 

なぜなら基本的には生きている過程において、必要な勉強を行っていくことが大切であるからです。

 

それを前提とした場合どれかだけに重心を置くと、誤った方向へ行ってしまう可能性があるからです。

 

3.正しい勉強法【3選】

正しい勉強法【3選】

 

正しい勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.収入につながる

収入につながる

 

先ずは、収入につながることです

 

お金を稼ぐことは悪いことと考えられがちです。

 

ますたん
ですがお金を稼ぐこと自体は悪いことではありません。

 

何かしてお金をいただくというのは当然の行為であり、そうあるべきです。

 

ますたん
あまり良くないのは収入のためだけに勉強をすることと言えます♪

 

これを推し進めるとお金が入ってくるのはいいですが、やりたいことができないかもしれません。

 

ですから、いずれ収入につながるないし結果として収入に繋がることが正しい勉強法といえるでしょう。

 

目先の利益に飛びつくことは避けて行かなければいけません。

 

3-2.人の役に立つ

人の役に立つ

 

次に、人の役に立つことです

 

ますたん
人の役に立たないことはいずれなくなります♪

 

人の役に立つことについて学んでいく必要があるのです。

 

会社の方々に説明するもよし家族に説明するもよし人の役に立つとは自分にとってどのようなことか考えてみましょう。

 

それだけでもう勉強の方針が変わってくると言えます。

 

3-3.説明が上手くなる

説明が上手くなる

 

最後に、説明が上手くなることです

 

自分ができるというのは業務的には良いことと言えます。

 

ますたん
一番大切なのは人に教えるということです♪

 

自分の経験してきた知識というのを後世につなぐということが勉強の1番の目的であると言っても良いでしょう。

 

今までおこなってきた失敗を繰り返さず、さらに上を目指していくというのが科学的だと言えるからです。

 

そのためには説明が上手くなる勉強法を行っていくことが重要と言えます。

 

結論:自問自答してみましょう

 

正しい勉強法【3選】

・収入につながる
・人の役に立つ
・説明が上手くなる

 

ますたん
ここでは正しいと言える勉強法をご紹介してきました♪

 

ですがこれはごく一部と言えます。

 

ますたん
正しいか正しくないかは自分が決めるべきだからです♪

 

ですから今回の内容が自分にとって正しいと思う場合は参考にしてみてください。

 

もしこれよりも正しいと思う勉強法が自分にあればそちらを実行することが良いでしょう。

 

常に正しい勉強法を模索しながら進めていくというのが勉強だと言えるからです。

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog