Think(考える)

試験時間で焦る時の対処法【3選】

 

 

試験時間が迫ってきた場合に焦ってしまうことは誰しもあります。

 

ますたん
ただし、焦っても解けないのは分かっているはずです♪

 

ではどのようにして対処していけば良いのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、当たり前なことを当然に行うことが大切です。

 

1.試験時間で焦ってしまう場合

試験時間で焦ってしまう場合

 

時間が少ない試験の場合には、問題を解ききらない可能性があります。

 

当然ですが問題が解けなければ点数はもらえません♪
ますたん

 

それが分かっているからこそ焦ってしまうのです。

 

焦らないようにするのがいいことはわかっていてもそれはできません。

 

あくまでも焦った時に対処していく必要があります。

 

2.本来の力が発揮できない

本来の力が発揮できない

 

焦ってしまえば今まで勉強したことが水の泡になってしまうこともあります。

 

ますたん
なぜなら、焦ってしまってパニックに陥ってしまえば何を行っているのか分からなくなってしまうからです♪

 

日頃勉強していてもあまりわからないようなところを試験で焦っている状況で解けるわけがありません。

 

日頃から当然に解けるようにしておくとともに、焦ることを当たり前に考えて対処法を身につけていきましょう。

 

3.試験時間で焦る時の対処法【3選】

試験時間で焦る時の対処法【3選】

 

試験時間で焦る時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.深呼吸

深呼吸

 

先ずは、深呼吸です

 

やはり鉄板で安定するのは深呼吸でしょう
ますたん

 

ゆっくり深呼吸を行えば焦っている気持ちも落ち着いてくるかもしれません。

 

ますたん
焦っている時こそ時間に追われているので、深呼吸する暇もないように感じるでしょう♪

 

ただし、ここで一拍おくことが鍵です。

 

3-2.目を瞑る

目を瞑る

 

次に、目を瞑るです

 

時間に追われている事は変えられませんが、それ以外の状況も焦る要素かもしれません。

 

耳栓ができるのであれば耳栓をして、目を瞑ってみましょう♪
ますたん

 

できる限り情報をシャットアウトするのです。

 

ますたん
周りの状況が焦る要素をつくり出している場合も考えられます♪

 

3-3.絞る

絞る

 

最後に、絞るです

 

正直100点満点を取らなければいけない試験はありません。

 

もし周りが100点だから自分も100点を取らなければいけないという場面においてもそれは同じです。

 

100点を取らなかったから死ぬわけでもなく、逆に大きく減退してしまう可能性もあります。

 

解ける問題に絞って解けない問題は捨てていきましょう♪
ますたん

 

結論:焦る要素を捨てる

 

試験時間で焦る時の対処法【3選】

・深呼吸

・目を瞑る

・絞る

 

焦ってしまうのにも人それぞれ理由があります。

 

ますたん
考え方一つ変えるだけで焦らなくなることもあるでしょう♪

 

自分が焦ってしまう様子を日ごろから見つけて対処法を考えておくことが大切です。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog