Think(考える)

仕事は適当でいい理由【3選】

 

 

仕事は真剣にやらなければいけない。

 

ますたん
そう思っている人も多いでしょう♪

 

一方で適当でいいと考える人も中にはいます。

 

結論

結論から言えば、最適が最強なのです。

 

1.仕事は適当でいい

仕事は適当でいい

 

「仕事」と聞くだけでお金をもらっているので全力でやらなければいけないと考える人が殆どだと思います。

 

確かに社会的に見て仕事である以上、周りの人の為に出来る限り全力で応えなければなりません。

 

ですが、適当でいい場合も沢山あります。

 

適当を極めていくことが仕事をマスターするコツとも考えられるでしょう♪
ますたん

 

2.適当と雑は違う

適当と雑は違う

 

適当と聞くと雑にやってれば良いと考えるかもしれません。

 

ますたん
ですが、それは違います♪

 

適当と言うのは雑に行うのではなく適しているという意味です。

 

つまり、最適を探っていくことが効率的に仕事をこなすポイントと言えます。

 

3.仕事は適当でいい理由【3選】

仕事は適当でいい理由【3選】

 

仕事は適当でいい理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.効率的

効率的

 

先ずは、効率的です

 

仕事における適当を極めていけば、効率的な行動に繋がります。

 

出来る限り無駄な行動をなくしていくことで、効率的な行動がとれるでしょう♪
ますたん

 

効率的な行動がとれるようになれば、適当を探ることができます。

 

ますたん
効率的な行動が取れなければ、適していると言える業務はできないのです♪

 

結果として、効率的な業務をこなしていくことができるようになるでしょう。

 

3-2.限界

限界

 

次に、限界です

 

常に全力で臨んでいる場合には限界がきます♪
ますたん

 

短期的には全力で臨んでいても、長期的には全力で臨んでいることになりません。

 

長期的に全力で臨む場合、計画をして余力を残した行動が必要になってきます。

 

適している行動というのが、全力に繋がるわけです。

 

3-3.周りとの調整

周りとの調整

 

最後に、周りとの調整です

 

ますたん
もし自分が一生懸命やっているのに、周りの人がサボっている場合、仕事が上乗せされてしまう可能性もあります♪

 

このような場合には、無理に仕事をこなしていく必要もありません。

 

自分に与えられた仕事を勤務時間内で終わらせられるようにしていけば良いのです。

 

ですが、このような場合には会社的にも個人的にも良くありません。

 

効率的に仕事をこなして会社のためになるように、相談してみる必要があるでしょう♪
ますたん

 

結論:最適が最強

 

仕事は適当でいい理由【3選】

・効率的

・限界

・周りとの調整

 

定性的であり理解しづらいかもしれませんが、適している行動が長期的には最強です。

 

ますたん
身体的精神的にバランスを保ちながら、無理のない業務をかけていきましょう♪

 

それは自分のためにもなり会社のためにもなるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog