Think(考える)

教科書が理解できない時の対処法【3選】

 

 

ますたん
教科書は難しい内容が多いですよね♪

 

どうしても理解ができず疲れこともあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、あまり一つの事に固執せず、総合的に落ち着いて臨むことが重要です。

 

1.教科書が理解できないとは

 

学校の授業や予習・復習において教科書を読むことがあるでしょう

 

そんな時に内容が難しくて理解ができないということも多いです。

 

授業に置いていかれてしまったりすることを考えると不安になってしまいます。

 

ですから対処法を考えて進めていくことが重要なのです。

 

2.理解できなくても問題はない

 

理解できないのは難しいのかややこしいのか、様々なことが考えられます

 

ですが理解できないからと言っていけないことではないです。

 

ますたん
分かってしまうと得られなかったであろう思考回路も手に入るのでとても大切なことであると言えるでしょう♪

 

落ち込む必要もありませんので、冷静に進めていきましょう。

 

3.教科書が理解できない時の対処法【3選】

 

教科書が理解できない時の対処法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.人に聞く

 

先ずは、人に聞くことです

 

自分で考えても理解できない時は人に聞きましょう。

 

ますたん
なんといってもその分野の先駆者である先生に聞くことはとても大切です♪

 

日頃から勉強が得意な方と仲良くなっておくのも手でしょう。

 

遊ぶことが好きな人と仲良くなれば遊ぶ方向に、勉強が好きな人と仲良くなれば勉強が好きになりやすくなります。

 

なぜならそれぞれその楽しい部分を知っているからです。

 

ますたん
学校などでは勉強をしに行っているため勉強が好きな人と仲良くなることが良いでしょう♪

 

3-2.飛ばす

 

次に、飛ばすことです

 

ますたん
こちらは、勉強をしている内容が出るかわからないような場合、特に有効です♪

 

つまり試験範囲が広い場合などには、今勉強をしている内容が出題されるかは不明です。

 

そんな時にその問題に集中していること良いことではないと言えます。

 

なぜなら、他の勉強をした内容を忘れてしまう可能性も高くなり、他の問題と点数が同じなのであれば時間がもったいないからです。

 

ますたん

 

3-3.現実に置き換える

 

最後に、現実に置き換えることです

 

ますたん
できることなら勉強内容を現実に置き換えることはとても大切なことです♪

 

教科書のみで勉強しているとなぜこのような勉強をするのかという視点がなくなります。

 

その内容を知るためにも現実に置き換えて考えることがとても大切なのです。

 

地理を学ぶならその場所に行き、歴史を学ぶなら歴史的建造物を見に行くなどするだけで、全然変わってくるはずです。

 

ますたん
そのように現実に置き換えて行動してみることも大切と言えます♪

 

結論:完璧主義になりすぎず、楽しみましょう

 

教科書が理解できない時の対処法【3選】

・人に聞く

・飛ばす

・現実に置き換える

 

分からならないようにだけ固執し、疲れてしまうと勉強が嫌いになってしまいます。

 

またわからないとこばかり考えていると、多くの時間を投与したのにも関わらず理解できないということが気になり引けなくなります。

 

ですから早々に切り上げていくことがとても大切なのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog