(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【簿記】高校生でどのレベルを取得したらすごい!?高校生のうちに取得すべき簿記資格【3選】

 

 

 

ますたん
一般的に簿記を勉強し始めるのは商業高校に通学している方などは高校生からでしょう♪

 

右も左も分からず先生の言う通りに勉強をすることが多いです。

 

結論

結論から言えば、高校生のうちにどの程度の簿記を勉強しておくのか知っておくことが重要になります。

 

1.高校生における簿記

高校生における簿記

 

高校生で簿記を勉強する際に重要なのがレベルです。

 

高校によりレベルが異なりますが一般的にどの程度を取得しておけば良いのかを知っておくことが大切と言えます。

 

なぜなら、自分の高校では優位に立っていても大学や社会に出てから遅れてしまっていては意味がないからです。

 

簿記資格の中でもそれぞれ特有の部分があるので、事前に把握しておきましょう♪
ますたん

 

知っているだけでも周りの方よりも優位に立てるはずです。

 

2.全商簿記は有益なのか

全商簿記は有益なのか

 

高校生が一般的に勉強をする簿記の資格に全商簿記があります。

 

ますたん
全商簿記は過去問に似た問題が繰り返し出題されるため、他の簿記資格と比較すれば易しめです♪

 

それがゆえに、高校卒業後就職する場合を除き、全商簿記1級を持っていてもあまり役に立ちません。

 

はっきり言って、社会に出て周りの方に言ったところで相手にされないのが悲しい現実です。

 

せっかく勉強をしたのに意味がないように見られてしまわないように、しっかり現実を把握しておきましょう。

 

3.高校生のうちに取得すべき簿記資格【3選】

高校生のうちに取得すべき簿記資格【3選】

 

高校生のうちに取得すべき簿記資格【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.日商簿記2級

日商簿記2級

 

先ずは、日商簿記2級です

 

社会的に見て簿記を知っているとみられる基準は日商簿記2級です。

 

社会的に見て簿記を知っているとみられる基準は日商簿記2級です♪
ますたん

 

会計事務所や経理の募集など大体の場合は日商簿記2級が掲げられています。

 

ますたん
大学で日商簿記1級に臨むためにも日商簿記2級を取得しておくと良いでしょう♪

 

また、日商簿記2級の上はどの資格もそこまで差はなく、出題形式が微妙に異なってくるのみです。

 

日商簿記2級が一区切りと考えて間違いないでしょう♪
ますたん

 

3-2.全経簿記上級

全経簿記上級

 

次に、全経簿記上級です

 

全経簿記上級は感覚で言うと、日商簿記2級の上と考えられます。

 

ますたん
つまり、日商簿記2級より難しいのは言うまでもありません♪

 

かなり難しいように感じますが、日商簿記2級からさらに広げた論点を勉強するにはもってこいです。

 

基礎中の基礎を繰り返し勉強できるので、日商簿記1級のような特異なパターンはそこまでありません♪
ますたん

 

また、理論についても出題されるので税理士や公認会計士の資格取得にも関連してきます。

 

感覚的に全経簿記は社会的に上級しか認められない感覚もあるので、ここまで勉強しておくと、会計人として有利になるでしょう。

 

3-3.日商簿記3級

日商簿記3級

 

最後に、日商簿記3級です

 

目指すは日商簿記2級以上ですが、やはり全商や全経と異なるのが、出題パターンと言えます。

 

他の資格と比較して見たこともない出題がされることもあ有り得るのです。

 

しかも、日商簿記の場合その問題が結構な割合を占めてしまう時があり、問題にどのように向かえば良いか考えさせられます。

 

ますたん
ですが、難しい資格はこのような傾向があるので、慣れておくと良いでしょう♪

 

結論:日商簿記2級を目指す

 

高校生のうちに取得すべき簿記資格【3選】

・日商簿記2級

・全経簿記上級

・日商簿記3級

 

大学時代に日商簿記1級取得を目指すのであれば、高校で日商簿記2級程度が基準になります。

 

ですが、問題の傾向や環境にも左右されるので、あくまでも基準としておきましょう♪
ますたん

 

最終的に物を言うのは資格ではなく自分の理解です。

 

ますたん
資格よりも理解を重視する方が後々楽になることは覚えておきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog