Think(考える)

【人選】言葉よりも行動で人を判断したほうが良い理由と選ぶ方法3選

 

みなさんは良い人付き合いを構築出来ているでしょうか?

 

ここでの人付き合いは、友人などの自分で自由に構築していける関係性をメインに、会社や学校、近所付き合いなどあまり選べない人付き合いも場合によっては、含まれることを想定しています。

 

そういった関係は基本的にいらないし、無駄という方もいます。

 

ですが、良い人付き合いというのは物事を円滑に進める上であったり、身体的・精神的に健康でいる為に必要です。


その中でも良い人付き合いを構築する上では人を判断していかなければならず、その上では言葉よりも行動が大切なのです。

 

結論から言えば、言葉は今瞬間的に言えることですが、行動は体と頭を動かさなければいけないので、それだけ時間と労力をかけている事実にで人を判断することが、良い人付き合いを構築する上で必要だと言うことです。

 

そこで、今回は人付き合いにおいて言葉よりも行動で人を判断した方が良いという理由選ぶ方法を3選ご紹介していきます。

 

1.人を判断するとは

人を判断するとは

 

人付き合いをしていて大切なのは相性であったり、自分が良い人と思える人であるかなどがありますよね。

 

この人は良い人だな♪

 

このように、相手の話している言葉で判断することもあります。

 

またこれに対して、自分が行動をしている時に助けてくれるなどの行動を起こしてくださることから、良い人だなと思うこともありますよね。

 

人付き合いをする上で良い人と判断するには2種類の判断基準があり、大きく分けて言葉行動があるということです。

 

2.言葉よりも行動で人を判断したほうが良い理由

言葉よりも行動で人を判断したほうが良い理由

 

冒頭でも申し上げた通り、言葉は瞬間的に話せるのに対して、行動は瞬間的には不可能です。

 

一定の時間と労力をかけなければ出来ないことです。

 

また、言葉は嘘も簡単につけますが、行動を嘘で行うことは簡単には出来ません♪

 

証拠隠滅のような本当に隠したいこと以外は嘘で行動を起こす人などそういないでしょう。

 

ですから、行動を見ていれば大体のことが分かります。また、言葉と行動が一致しない人なども信用性にかけるでしょう

 

勿論、完璧な人などいません。ですが、自分との相性の範囲内での行動であるのかで判断していきましょう♪


いずれにしても、言葉よりも嘘をつけない行動を見て良い関係性を築ける方なのかを判断していくことが重要です。

 

3.行動で判断する方法3選

行動で判断する方法3選

 

 

行動で判断する方法は、以下の通りです。

 

3-1.言っている通りの行動であるか

言っている通りの行動であるか

 

先ずは、言っている通りの行動であるかです

 

言っている通りに行えるかどうかは、しっかりしている人であるか判断する基準となります。

 

約束した時間通りに来れないのであればこちら側で対処するしかありません。

 

参考記事:予定時間に相手が来ないときに取るべき行動3選【遅刻】

 

色々な状況は考えられますが、振り回されてしまうことを避ける為にも、ある程度言っている通りに動ける方と仲良くしていきましょう。

 

3-2.ひとのことを思いやっている行動であるか

ひとのことを思いやっている行動であるか

 

次に、ひとのことを思いやっている行動であるかです

 

何をしていても勉強を積み重ねてきた方は、ひとのことを思いやって行動することの大切さが分かっています。

 

だからこそ、嘘をつけない行動がひとのことを思いやっているかは、重要になってきます♪


言葉では言っているが行動に表れていない人も沢山います。

 

その方も優しい方なのでしょうが、やはり行動にまで出している方とお付き合いしていく方が、物事が円滑にいきます。


そういった面も含めて判断していきましょう。

 

3-3.一貫性があるか

一貫性があるか

 

最後に、一貫性があるかです

 

言った通りに行動していないとしても、ある一貫性のある考えに裏打ちされたものがあれば、それは信用できる行動ですよね♪


時と場合に応じて行動は変わります。

 

ですから、基本的には言っている通りに行動するのが通常です。

 

ですが、例外はありますのでその際には臨機応変に行動できる方が賢いでしょう。

 

そういった行動を取れる方は希少ですから、大切にしましょう。

まとめ

 

行動でひとを判断する方法

・言っている通りの行動であるか

・ひとのことを思いやっている行動であるか

・一貫性があるか

 

勿論あくまでも判断基準の一例であり、例外はいくらでもあります。

 

このようなことを、日頃から頭に入れて再確認していかなければ、良い関係性を構築していくことは不可能です♪


実際にこのようなことを頭に入れて行動出来ている方少ないと思います。

 

ですが、人間関係・人付き合いは想像以上に重要です。

 

時間で換算すれば、自分のことを考えて下さるかどうかで長期的に付き合っていく方なら、簡単に数千時間は変わってくるでしょう。

 

・遅刻を待つ時間

・ご飯を奢るお金を稼いでいる時間

 

例えばこのような、待つ時間などで直接的に要する時間と、お金を介在してそれを稼ぐ時間や労力があります。

 

私が勉強している公認会計士の試験に合格するまでの時間の基準が約5,000時間と言われていますから、ヘタするとそのような試験に合格さえ出来てしまうかもしれません♪


ですから、良い付き合いをしていくためにも、行動でひとを判断していきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog