Think(考える)

言葉の正しい意味が意味をなさない場面【3選】

 

ますたん
言葉の正しい意味は大切です♪

 

ですが、それが通用しない場面が存在します。

 

結論から言えば、一定の場面では言葉の正しい意味は置いておくほうが、スムーズにことが進むのです。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます。

 

1.言葉の正しい意味とは

言葉の正しい意味とは

 

ますたん
言葉には意味があります♪

 

また、正しい意味は辞書などで定義付けられていますよね。

 

論文を書いたり、公式な書面において正しい意味は絶対です。

 

その為に人は、学校などにおいて難しい言葉を必死に覚えるのです。

 

2.なぜ意味をなさない場面があるのか

なぜ意味をなさない場面があるのか

 

意味をなさないのは、日常的なことです。

 

このような場面においては、大切なのはきもちを伝えることです。

 

その為に、言葉を使っています。

 

ですから、以下のことが言えます

目的:きもちを伝えること

手段:言葉を使う

 

この目的と手段を入れ替えないことがPOINTです。

 

3.言葉の正しい意味が意味をなさない場面【3選】

言葉の正しい意味が意味をなさない場面【3選】

 

言葉の正しい意味が意味をなさない場面【3選】をご紹介していきます。

 

3-1.認識の相違

認識の相違

 

先ずは、認識の相違です

 

ますたん
文化・教育などにより、言葉を知っている人も知らない人もいます♪

 

知らないだけですが、無理に正しい意味を押し付けてもなにも意味をなしません。

 

誰しもお年寄りや子どもなら優しく教えてあげますよね。

 

それと同じで、知らない人には無理に押し付けないようにしましょう。

 

3-2.話しに沿わない

話しに沿わない

 

次に、話に沿わないことです

 

ますたん
「Wikipedia」などによる言葉の解説は時として、役に立ちます♪

 

ですが、気軽に共有して発信している時などでは、基本的に意味はどうでも良いのです。

 

ある程度伝わっていれば十分な場面です。

 

当然ですが、議題などに沿った話しを心がけましょう。

 

3.専門性

専門性

 

最後に、専門性です

 

ますたん
専門性の高い言葉の正しい意味は、細かいのです♪

 

ですから、1番注意が必要です。

 

自分が当たり前に思っていても、相手は分かりません。

 

その言葉の正しい意味ではなく、伝えたい内容を噛み砕きましょう。

 

まとめ

 

言葉の正しい意味が意味をなさない場面【3選】

・認識の相違

・話に沿わない

・専門性

 

ますたん
このように、正しい言葉の意味には意味をなさない場面があります♪

 

重要なのは、伝えたい内容です。

 

前述した通り、目的と手段が入れ替わらないようにしましょう。

 

では、今回は以上です。

ご視聴ありがとうございました(^ー^)

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog