Think(考える)

企業法ノートのおすすめな書き方【3選】

 

 

 

企業法のノートはつけるべきか考えてしまいます。

 

ますたん
これを言っちゃおしめーですが、人によるでしょう♪

 

ですが、しっかりポイントを押さえていく為にはノートをつけた方が良いと言えます。

 

結論

結論から言えば、どのようにノートを書いていくかが的確に覚えていく為には重要なのです。

 

1.企業法のノート

企業法のノート

 

企業法では覚えることが多く、暗記が大変です♪
ますたん

 

効率的に覚えるためにはノートを活用するべきか考えてしまいます。

 

ますたん
闇雲にノートをつくるとつくることで満足してしまう可能性もあるでしょう♪

 

ノートを活用する場合にはしっかり考えてつくる必要があるのです。

 

2.企業法のノートはとるべきか

企業法のノートはとるべきか

 

企業法のノートは必要に応じてつくることができる場合には効力を発揮します。

 

絶対に取らなければいけないわけではないにしても有利に進めることができるようになる場合もあるでしょう♪
ますたん

 

実際企業法のノートはとるべきと言えます。

 

ますたん
何を書けば良いのか書き方について学んでいく必要があるでしょう♪

 

3.企業法ノートのおすすめな書き方【3選】

企業法ノートのおすすめな書き方【3選】

 

企業法ノートのおすすめな書き方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.一覧

一覧

 

先ずは、一覧です

 

ノートはテキストには載っていない内容を一覧で書いておけます。

 

ひとつひとつ思い出していくと忘れてしまいがちです♪
ますたん

 

体系的に理解していく為に一覧で表示しておくと良いでしょう。

 

忘れてしまってもどこに書いてあったか何となく思い出せるかもしれません。

 

3-2.間違ったところ

間違ったところ

 

次に、間違ったところです

 

一度間違ったところは繰り返し間違いやすいと言えます。

 

ますたん
ですが、書き留めておかないと忘れてしまうでしょう♪

 

間違ったところをまとめてあるノートはとても有益です。

 

自分にとっては点数をとるためのテキストより重要なものになるでしょう♪
ますたん

 

3-3.自分の言葉

自分の言葉

 

最後に、自分の言葉です

 

最終的には決められている用語で理解できるようになる必要があります。

 

ますたん
ですが、格好つけてその言葉で書いておくと分からなくなってしまうことも考えられるでしょう♪

 

格好つけずに自分が理解しやすいように、自分の言葉で書いておく必要があります。

 

そうすればあとで見直した時に直ぐに頭に入ってくるはずです。

 

結論:つけるべき

 

企業法ノートのおすすめな書き方【3選】

・一覧

・間違ったところ

・自分の言葉

 

迷っているのなら間違いなくつけるべきです♪
ますたん

 

ただし、テキストの内容をそのまま写して満足するのは良くありません。

 

ますたん
自分だけの大切な一冊を作り上げて有益な情報をまとめていきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴がありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog