Accounting(会計) Think(考える)

企業法でおすすめな暗記法【3選】

 

 

企業法の勉強は覚えることが多く、どのように勉強したら良いのか迷ってしまいます。

 

ますたん
覚えることが多いということは暗記が必須です♪

 

ただし、膨大な量の情報を覚えていくとなれば、暗記方法が大切になってきます。

 

結論

結論から言えば、まとめ方を意識して暗記していくのが一番のポイントです。

 

1.企業法の暗記

企業法の暗記

 

企業法の暗記は会社法だけではありません♪
ますたん

 

商法や金融商品取引法にも及びます。

 

ますたん
読みにくい条文なども存在するため、理解するだけで苦戦することでしょう♪

 

暗記はその後に行うので、少しでも効率的に行いたいところです。

 

2.暗記か理解か

暗記か理解か

 

時として暗記よりも理解が大切と言われます♪
ますたん

 

確かに、理解が進んでいると暗記せずとも頭に入っていることが多いです。

 

ただし、これらはどちらかに絞らなければいけないわけではありません。

 

基本的には理解を重視していき、分からないところは暗記するだけでも有効です。

 

ますたん
事後的に理解が進んだ際に、暗記に理解が追いついてくることでしょう♪

 

3.企業法でおすすめな暗記法【3選】

企業法でおすすめな暗記法【3選】

 

企業法でおすすめな暗記法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ノート作成

ノート作成

 

先ずは、ノート作成です

 

暗記する内容はテキストの内容ではありません。

 

もちろん元となるのはテキストですが、テキスト全てが分からないわけではないでしょう♪
ますたん

 

どちらかと言えばその中でわからないところをピックアップしていくべきです。

 

ますたん
完璧に覚えているところを再度見るのは時間の無駄になる可能性があります♪

 

3-2.語呂合わせ

語呂合わせ

 

次に、語呂合わせです

 

古典的な方法ではありますがかなり有効な方法と言えます。

 

大体の内容を覚えておき、後はそれらの頭文字だけを語呂で覚えておくとよいでしょう♪
ますたん

 

完璧に意味が通っていなくとも、逆に変な内容としておもしろおかしく覚えられる可能性もあります。

 

ますたん
頭ですぐに思い出せるようにしておくことが大切です♪

 

3-3.繰り返し

繰り返し

 

最後に、繰り返しです

 

なんといっても暗記するためには繰り返すことが大切と言えるでしょう♪
ますたん

 

自分で作ったノートでもたまに見るだけではやはり覚えられません。

 

内容を完璧に理解していくよりも、ちょこちょこ見る方が頭に入ってくる可能性が高いです。

 

覚えとい内容をトイレに貼っている人もいます。

 

ますたん
目につくところにまとめを貼っておくと見る回数が増えて覚えられるかもしれません♪

 

結論:試行錯誤

 

企業法でおすすめな暗記法【3選】

・ノート作成

・語呂合わせ

・繰り返し

 

暗記にこれが絶対良いと断言できる方法はないです♪
ますたん

 

あくまでも自分で試してみて覚えられた方法が一番と言えます。

 

ますたん
思い立ったら色々な方法を試してみましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog