Accounting(会計)

会計学は何を学ぶ学問なのか!?会計学で学ぶ主な種類【3選】

 

 

ますたん
誰しもなんとなく会計学と聞いたことはあるかもしれません♪

 

ですが、会計学の内容を知る人は少ないです。

 

結論

結論から言えば、企業会計で学ぶことが主な内容と言えます。

 

1.会計学とは

会計学とは

 

会計学は広範囲と言えます♪
ますたん

 

基本的に非営利団体や政府における会計も会計学の範囲です。

 

ただし、会計学のメインテーマは企業会計と言えます。

 

企業においてどのように会計を行っていく必要があるのかについて考えていくのです。

 

2.会計学は有益

会計学は有益

 

会計学は基本的に利害関係者が意思決定できるような会計情報を提供します。

 

ますたん
ではなぜ会計学の情報は有益なのでしょうか?

 

会計がなければ定性的な情報になったり、正確な数字が得られないからです。

 

つまり、「儲かってる?」と聞かれたら「儲かってるよ」とか「多分~円くらい儲かってる」という戦闘しかできません。

 

てすが、会計学を駆使すれば会社のありとあらゆる情報を金額を用いて定量的に把握できるのです。

 

3.会計学で学ぶ主な種類【3選】

会計学で学ぶ主な種類【3選】

 

会計学で学ぶ主な種類【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.財務会計

財務会計

 

先ずは、財務会計です

 

簿記のシステムを利用して、帳簿を付けていきます。

 

帳簿をつけた結果『財務諸表』として、利害関係者に情報を提供するのです♪
ますたん

 

利害関係者への情報提供に至るまでの過程において、どのように会計処理を行うのか考えていきます。

 

新たな取引が実務で発生していくと、今までの前提条件が崩れることもあるのです。

 

3-2.管理会計

管理会計

 

次に、管理会計です

 

管理会計は、社内においてどのように業績を出していくのか模索していきます。

 

ますたん
原価などについて管理を行い、最適な意志決定を模索していくのです♪

 

その為には、金額を予想して実際との差異を把握して原因を探ります。

 

結果を次の計画に反映して、より良い経営を目指していくのです♪
ますたん

 

3-3.税務会計

税務会計

 

最後に、税務会計です

 

国民は納税しなければならず、その納付額は適当に決めてよいわけではありません。

 

例えば所得税は、1年間の益金から損金を控除した額をもとに、税額を算出していきます。

 

正確な計算を行うためには、計算を行う式がとても重要です。

 

ますたん
どのような計算式を立てるのが正確な計算となるのかなどを考えていきます♪

 

結論:メインテーマは企業会計

 

会計学で学ぶ主な種類【3選】

・財務会計

・管理会計

・税務会計

 

基本的には企業会計を学ぶと考えていれば間違いはありません。

 

他にも監査や法律なども基本的には会計学に含まれます♪
ますたん

 

相対的なものなので、広い視野をもって勉強していく必要があるでしょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog