Accounting(会計) Think(考える)

会計システムの選択基準となる種類【3選】

 

 

ますたん
自身で会計を行って行こうと思った場合、必要となるのが会計システムです♪

 

昨今の精度の高い会計を会計システムを利用しないで行うのは困難極まりないと言えます。

 

結論

結論から言えば、自身が使いやすいシステムを選ぶ為に、選択基準となる種類を知っておく必要があるのです。

 

1.会計システムは種類が多様

会計システムは種類が多様

 

会計システムを使おうと思った場合に、どのような種類があるのかが大切と言えます。

 

種類が多様であり、最適な会計システムを選択しないと、後に後悔することになるでしょう♪
ますたん

 

とは言っても、どのような種類があるのかが分からなければ、選択する余地すらありません。

 

ますたん
難しく感じてしまう会計システムの種類を的確に把握する必要があるのです♪

 

2.自身が使いやすい

自身が使いやすい

 

多様な種類の会計システムがあるとはいえ、自身が使いやすくなくては意味がありません。

 

一般的に有名な会計システムを利用しておけば基本的には問題はないでしょう♪
ますたん

 

ただし、細かい部分に関しては一人ひとりのライフスタイルに合った会計システムの選択が重要です。

 

ますたん
例えば、領収書から仕訳できる会計システム利用した場合を考えてみましょう♪

 

この場合の仕訳が完璧なら良いですが、完璧ではない場合もあるかもしれません。

 

会計が分かっている方は自身で仕訳した方が早いでしょう♪
ますたん

 

あまりよくはありませんが、全く分からない方にとってはある程度正確な仕訳が切れることは有用かもしれません。

 

3.会計システムの選択基準となる種類【3選】

会計システムの選択基準となる種類【3選】

 

会計システムの選択基準となる種類【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.料金

料金

 

先ずは、料金です

 

料金は買い切りか月払いが多いと言えます。

 

買い切りの場合には数万円かかりますが、毎月支払う必要がないため、資金的に余裕がある場合にはどっちの料金を気にする必要がありません。

 

月払いを選択した場合には、数千円で済むことが多く、一括で支払わない点が良いところと言えます。

 

ますたん
どちらの支払い体系が適しているかは人それぞれです♪

 

3-2.クラウド

クラウド

 

次に、クラウドです

 

クラウドか否かは大きな選択基準になるでしょう♪
ますたん

 

一般的に買い切りのソフトの場合には、自身のパソコンに入れて行うため操作性が高いと言えます。

 

これに対してクラウドの場合には、インターネットへの接続が必要であるため、接続状況に依存してしまうことがあるのです。

 

ですが、インターネット環境さえあればどこでも会計システムが利用できます。

 

ますたん
スマホでも操作できるものがあるので、手軽に行いたい方には便利です♪

 

3-3.連動性

連動性

 

最後に、連動性です

 

領収書を登録して仕訳が切れるなどの会計システムもあります。

 

こういったシステムは、会計に慣れている方こそあまり使わないかもしれません♪
ますたん

 

前述したように誤っている場合に訂正しなければならないからです。

 

ますたん
どの程度正確に行えるものなのかを冷静に判断していきましょう♪

 

結論:種類を比較検討

 

会計システムの選択基準となる種類【3選】

・料金

・クラウド

・連動性

 

多様な種類がある会計システムを選択するためには、デメリットを許容できるのか、どのメリットが必要なのか比較検討が大切です♪
ますたん

 

ひとりひとり最適な会計システムは異なります。

 

ますたん
これを念頭において会計システムの選択をしていきましょう♪

 

あくまでも人に適していても自分には適さない場合もあるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog