Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

会計はなぜ必要なのか、何をするのか解説します!

 

 

会計という言葉をよく耳にしますが、お金の管理をしていると考える方が多いです♪
ますたん

 

会計はお金の管理をするだけでなく、利益の計算や計画にも利用することが出来ますので、会社においてとても有用と言えます。

 

ますたん
社会の一般常識として会計を理解し、なぜ必要なのか?何をしているのか?を的確に知識として押さえていきましょう♪

 

1.会計とは

会計とは

 

会計にも様々な種類があり、目的も様々です♪
ますたん

 

その中でも会社で行なわれる会計を企業会計といい企業会計は一般的に2分されます。

 

企業会計の2種類

・財務会計

・管理会計

 

それぞれの目的に基づき、お金等の 計算をして報告を行います。

 

ますたん
お金等について計算をして報告を行うことを会計と言います♪

 

2.過去と未来

過去と未来

 

会計は今までの取引に基づきお金等について計算を行ない報告します。

 

ですが、過去情報だけではなく、未来情報も利用することがあるのです♪
ますたん

 

具体的には財務会計は過去情報がメインですが、管理会計により未来情報について考えて行きます。

 

ますたん
管理会計によって経営分析を行ない、経営計画等に活かしていくのです♪

 

個人で考えた場合には、今月お金使いすぎたから来月制限しようと言った感覚と言えます。

 

3.なぜ必要なのか?

なぜ必要なのか?

 

財務会計は、株主への報告・金融機関の融資を受ける・税金の計算等様々な目的があり、会社の外にいる人に対して報告します。

 

会社法・金融商品取引法・税法により外部の株主・債権者・投資家等のそれぞれの権利を守る為に会計を利用します。

 

株主は会社の所有者であり、所有者に経営を任されている取締役等は会社の状況について報告する必要があるのです。

 

金融機関の融資の際には、お金等の管理が出来ていない人にお金を貸したくないのでどのように管理しているのかどのような使い方をしているのかを把握できます。

税金の計算も、他の人と公平に税金を納付する為、正確な計算が必要になってくるのです。

 

管理会計は、会社の内部において経営の管理を行っている人お金等の管理を行っていき報告します。

 

このように、会計は様々な目的に基づきしっかり計算をしていく必要があるのです♪
ますたん

 

4.何をするのか?

何をするのか?

 

財務会計では法律により内容は微妙に異なりますが最終的には『財務諸表』と言われる書類をいくつか作成します。

 

1年間のお金の動き、会社で使っているものが今いくらあるのか、1年間の利益はいくらがったのかを計算してまとめた書類です。

 

これ等を作成する為に、日々会計帳簿等に取引を適切に記載していきます。

 

ますたん
管理会計では会社でつくっている製品あたりいくらかかっているのか原価を計算したり、設備に投資べきかどうか等の意思決定を行っていくのです♪

 

5.実用的に学ぶ

実用的に学ぶ

 

会計の勉強は多岐に渡りますので、闇雲に勉強を行うのは危険です。

 

会社で利用できる会社の知識等、自分が必要としている知識を中心に押さえていきましょう♪
ますたん

 

会計の知識は一般常識として知っておくことは重要ですが、利用するのにはその分野で働いていく必要があるのです。

 

会計の知識を獲得した際には、是非会計業界で働いて知識を利用していくのも1つの手と言えます。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴がありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog