Accounting(会計)

資格試験において関わる人を選んだほうが良い理由【3選】

 

 

ますたん
資格試験では関わる人を選ばないとモチベーションを保てなくなる危険があります♪

 

人を選び勉強のモチベーションを上げてくださる方と関わっていくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、勉強をしている人にしか具体的な悩みは分からないと言えます。

 

1.資格試験において関わる人を選ぶとは

資格試験において関わる人を選ぶとは

 

資格試験の合格を目指して勉強している際に、遊んだり・相談をしたりする人です。

 

関わると言っても様々考えられますが、大きく定義付けする場合、継続的に話をする方と言えます♪
ますたん

 

下手に関わることで、モチベーションが下がってしまうこともあるのです。

 

ますたん
相手に悪気が無い場合もあるので、お互いに良くないと言えます♪

 

2.どのような人と関わると良いのか

どのような人と関わると良いのか

 

相手との関係により悩みが解決される関係について考えていく必要があるのです。

 

関わるべき人との関係性

・モチベーションが上がる

・精神的に強くなる

・勉強の悩みが解決する

 

基本的には同じ勉強をしている方や、先生は勿論、専門分野に精通している方の意見は貴重と言えます。

 

勉強している過程において、関わる人はとても大切ですので、慎重になる必要があるのです♪
ますたん

 

3.資格試験において関わる人を選んだほうが良い理由【3選】

資格試験において関わる人を選んだほうが良い理由【3選】

 

資格試験において関わる人を選んだほうが良い理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.結果しか見えない

結果しか見えない

 

先ずは、結果しか見えない

 

難しくなればなるだけ、専門性が増していき、勉強をしていない人には何をしているか分からなくなります。

 

ますたん
そんな時には、お金等が基準になりますが、勉強をしている段階でお金が貰えるケースは少ないでしょう♪

 

つまり客観的には勉強している結果しか見えないと考えられます。

 

合格・収入・地位このような指標でしか他の方には成果が見えないことも多く、その人に対して疑念が生じてくるでしょう♪
ますたん

 

実際にはその中でどの論点が解けるようになったとか、点数が取得できるようになったとか細かいことが数多くあるのです。

 

3-2.生活スタイルが極端に違う

生活スタイルが極端に違う

 

次に、生活スタイルが極端に違う

 

そもそも試験によっては生活スタイルが変わってくるので一概に言えなくなってきます。

 

更に、同じ試験でも人によって生活スタイルは異なるので、試験を勉強している人といない人では異なるのは当然です。

 

ますたん
お互いに尊重し合える関係性なら良いですが、何も考えずに働いて無駄遣いを繰り返す人に対して『なぜ働いているのか』と考える方も居るでしょう♪

 

これに対していつまでも勉強している人に対して『お金にもならないのになぜあんなに勉強するのか』と考える方も居ます。

 

似ている生活スタイル・金銭感覚・性格の方と関わっていくことで、安定して成長していけることが考えられるでしょう♪
ますたん

 

3-3.積み重ねが大切

積み重ねが大切

 

最後に、積み重ねが大切

 

ますたん
日々の習慣による積み重ねは相乗的に大きな力となってあなたに返ってきます♪

 

つまり、ポジティブな考えのもと日々の生活を送っていけば、必然的に点数は取れるようになるのです。

 

落ち込んだ時があったとしてその際に、『勉強を辞めた方が良い』と言う方と『勉強を継続するべき』だと言う方が居たら後者のほうが点数は上がります。

 

これは当然で、勉強を継続的していくだけが合格する道だからです。

 

つまり一緒に前向きに行動していける方と関わり、積み重ねることが重要と言えます♪
ますたん

 

結論:尊重し合える関係性が大切

 

資格試験において関わる人を選んだほうが良い理由【3選】

・結果しか見えない

・生活スタイルが極端に違う

・積み重ねが大切

 

尊重し合える関係性が大切なのは間違いないですが、実際にこのような関係性はそこまでないかもしれません。

 

ますたん
そんな時に大切なのは、無駄な付き合いは避けることです♪

 

人との関わりはとても大切ですが、資格試験の勉強をしている場合にはより慎重になる必要があります。

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog