Accounting(会計)

何で合わないの!?会計で現金が多い原因【3選】

 

 

経営を行っているなど、現金を扱っている場合には計算と異なる結果が算出されることも有ります。

 

ますたん
会計はとても大切であり、基本的には一円の狂いも許されません♪

 

お金が増えている場合には原因を探求する為に、一般的なパターンを知っておくと良いでしょう。

 

結論

結論から言えば、計算違いだけでなく、従業員が自分のお金を入れていないかなどに注意が必要です。

 

1.現金が多い

現金が多い

 

基本的に問題となるのが現金が足りない場合です。

 

現金が少ないと経営で機会を失ってしまう危険もあります♪
ますたん

 

ですが、現金が多い場合にも問題はあります。

 

ますたん
会計を適切に合わせるために原因を考えていく必要があるでしょう♪

 

一度でも問題ではありますが、大きくずれることはありません。

 

ただし、少額でも何度も繰り返していればいずれ大きなズレに繋がってしまいかねないのです。

 

2.原因はパターン化していることが多い

原因はパターン化していることが多い

 

原因は想像もつかなかったことにより発生している可能性もあります。

 

ですが、一般的にはパターン化したいくつかの原因により起こっていることが多いです♪
ますたん

 

パターンを把握しておけば直ぐに原因追求できるので、早期に解決できることもあります。

 

ますたん
特異に感じることでも、何度も繰り返されていればパターンと考えられるのです♪

 

自身の経営で起こっている原因をパターン化していく必要があるでしょう。

 

3.何で合わないの!?会計で現金が多い原因【3選】

何で合わないの!?会計で現金が多い原因【3選】

 

何で合わないの!?会計で現金が多い原因【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.プライベートのお金

プライベートのお金

 

先ずは、プライベートのお金です

 

会社等の事業の現金とプライベートのお金は別と考えられます。

 

ですが、混同して管理している場合には分からなくなってしまうので、分けて管理するのが良いでしょう♪
ますたん

 

会社の場合には、従業員が会計を間違た勘違いして、プライベートのお金を足している可能性も否めません。

 

その都度確認を取り、報告して貰えるような環境作りも大切です。

 

3-2.支払いを多く貰ってしまった

支払いを多く貰ってしまった

 

次に、支払いを多く貰ってしまったです

 

実際に会計を間違えてしまい、多く受け取ってしまっていた可能性もあります。

 

ますたん
実際に証憑書類と照らし合わせながら、確認を取りましょう♪

 

もし分からない場合には、以後問題が起きないような工夫が必要です。

 

自動精算機の導入など、対策を講じていきましょう♪
ますたん

 

3-3.計算間違い

計算間違い

 

最後に、計算間違いです

 

実際には合っているのに、勘違いで多くなっていると考えてしまっている可能性もあります。

 

計算は思っているよりも複雑で、計算を誤ってしまうことは多々あるでしょう。

 

ますたん
もう一度計算をし直してみるか、他の人に計算してみて貰うと良いです♪

 

そもそも行っている計算式自体が間違っているかもしれません。

 

結論:パターン化していく

 

何で合わないの!?会計で現金が多い原因【3選】

・プライベートのお金

・支払いを多く貰ってしまった

・計算間違い

 

会社の場合には何より従業員に正直になって貰うことが大切です。

 

何でも報告して貰えれば、大きな問題になることも少なく、早期に原因を追究できるようになるでしょう♪
ますたん

 

怒ることなく適切なコミュニケーションを普段から心がけていく必要があります。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog