Think(考える)

人の話が頭に入ってこない時に注意したいポイント【3選】

 

 

ますたん
説明してくれているのに話が頭に入ってこないことがあるでしょう♪

 

聞いているのに聞いていないと思われて喧嘩になってしまうかもしれません。

 

結論

結論から言えば、いくつかのポイントを押さえて相手の話を聞くことが大切です。

 

1.人の話が頭に入ってこないとは

人の話が頭に入ってこないとは

 

人の話が頭に入ってこないことは誰にでもありえます。

 

ですがこれが日常的の場合には問題です♪
ますたん

 

会話が成り立たなくなってしまうだけでなく、最悪の場合には喧嘩になります。

 

お互いに寛容な気持ちを持って会話ができれば良いですがそうとも限らないのが難しいところです。

 

2.人の話が頭に入ってこない状況

人の話が頭に入ってこない状況

 

何かをしながら人の話を聞いている場合には動作を止めることが重要と言えます。

 

ますたん
ですが聞こうと思って人の話を聞いているのに頭に入ってこない場合には悩んでしまうでしょう♪

 

相手からすれば自分が話をしていることを理解してもらえないことで不満に思うかもしれません。

 

話を聞いてもらいたい人と話が頭に入ってこない人では物事が円滑に進みまないでしょう♪/st-kaiwa1]

 

3.人の話が頭に入ってこない時に注意したいポイント【3選】

人の話が頭に入ってこない時に注意したいポイント【3選】

 

人の話が頭に入ってこない時に注意したいポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.質問する

質問する

 

先ずは、質問するです

 

相手に対して質問することで、大体のことは改善されます。

 

[st-mybox title="" fontawesome="" color="#757575" bordercolor="#f3f3f3" bgcolor="#f3f3f3" borderwidth="0" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]

話をすれば相手の思っていることと自分の思っていることの間に生じる壁を少しずつなくすことができるのです。

[/st-mybox]

 

同じこと思っていても別の視点から見ていれば喧嘩になることもあります。

 

[st-kaiwa1]頭に入ってこない時には難しいことや専門的なことを言われてるかもしれないので、質問するのが大切です♪

ますたん

 

3-2.紙に書く

紙に書く

 

次に、紙に書くです

 

紙に書くことで可視化することができます。

 

もし、ややこしいことを言われている場合には、一つ一つ頭で追わなければいけません。

 

ですが、追うのにも限界があるので、紙に書いてみましょう♪
ますたん

 

紙じゃなくてもホワイトボードのように消せるところに書いておけば便利です。

 

3-3.相手を責めない

相手を責めない

 

最後に、相手を責めないです

 

相手の言っていることが頭に入らない場合、相手を責めてしまうことがあります。

 

ますたん
『なにを言っているかわからない』このような発言をすると、相手も困ってしまうのです♪

 

なぜなら、何がわからないのかが分からないからと言えます。

 

頭に入ってこない場合には、理解できない部分がある状況であり、何が理解できないのかを質問するべきです。

 

結論:誰のせいでもない

 

人の話が頭に入ってこない時に注意したいポイント【3選】

・質問する

・紙に書く

・相手を責めない

 

大切なのは相手のせいでも自分のせいでもないということでしょう。

 

少しずつ話をしていけば必ず理解できます♪
ますたん

 

頭に入ってこなくても焦らずポイントを押さえて考えれば入ってくるようになるはずです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog