Think(考える)

【ライター必見】文章の語尾が重複するのを防ぐ方法【3選】

 

 

ますたん
文章の語尾が重複してしまうのは読み手からして良くありません♪

 

読みやすくする為には、語尾が重複しない部分を心がけていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、ですます調の間にちょっとした工夫を加えるだけで、語尾の重複を防ぎ読みやすい文章作成していくことができます。

 

1.文章の語尾が重複するとは

文章の語尾が重複するとは

 

文章の語尾が重複するとは、同じ語尾を何度も連続して使ってしまうことです。

 

Aです、Bです、Cです。

 

このように言われると、違和感を感じますよね。

 

読み手に違和感を感じさせない文章を作っていくことが大切なのです♪
ますたん

 

2.なぜいけないのか

なぜいけないのか

 

語尾の重複がいけないのには理由があります。

 

ますたん
簡単に言えば、読み手側が読みづらいからです♪

 

文章は書く人がいれば読む人もいて、読んで貰いやすいように文章を作成する必要があります。

 

これが記事等ならば尚更と言え、ライターとしては文章の作成技術を身につけていく必要があるのです。

 

3.文章の語尾が重複するのを防ぐ方法【3選】

文章の語尾が重複するのを防ぐ方法【3選】

 

文章の語尾が重複するのを防ぐ方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.~ません

~ません

 

先ずは、~ませんです

 

ますたん
ですますだけで話しを作成していくのは難しいといえます♪

 

間に、~ませんを取り入れるだけで一気に書きやすくなるのです。

 

このように種類は沢山あります

・~してはいけません

・~とは言えません

・~でなければなりません

 

適度に取り入れて、ですますの間を埋めていきましょう。

 

3-2.問いかける

問いかける

 

次に、問いかけるです

 

読み手に問いかけることで、ですます以外の言葉を使うことができます。

 

このような表現です

~だとは思いませんか?

~しますか?

~していませんか?

 

話し口調を使うことで、話をしている感覚になる読みやすい文章が作成できます。

 

冷たい文章よりも、温かみのある文章が好まれやすいと言えるのです。
ますたん

 

3-3.文章をつなげる

文章をつなげる

 

最後に、文章をつなげるです

 

ますたん
文章をつなげてしまうと読みづらく、切り上げてしまった方が良いとも言われます♪

 

ですが、適度につなげていくことは読みやすくなるので臨機応変に対応していきましょう。

 

~です、~ます、~です

 

この場合に、定型文等で次に【です】を使いたい場合には、~ですを~と言え等に言い換えてつなげてしまいましょう。

 

~です、(~と言え、~ます)、【です】

 

文章をつなげることで語尾の重複を防ぐことができるのです。

 

結論:実際に書きながら実践していきましょう

 

文章の語尾が重複するのを防ぐ方法【3選】

・~ません

・問いかける

・文章をつなげる

 

文章は聞いたとしても実際に書けるかどうかは別です。

 

スポーツを見学したり、コツを学んだとしても、プロと同じように行動できるわけではないですよね♪
ますたん

 

文章も同じであり実際に書いてみなければ上達しないと言えます。

 

ますたん
過去形等を利用しても文章の重複を防ぐことが出来ますし、技はたくさんあるので実践していきましょう♪

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog