Think(考える)

【読む】読書がおすすめな理由

 

「本を読んだ方がよい。」みなさん1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

ですが、急にそのようなことを言われても、なぜなのか分からなければ、頭には入ってこないと思います。

そこで今回は、本を読んだ方が良い理由をご紹介していきます。

 

1.固定概念がなくなる

固定概念がなくなる

 

基本的に人は今まで生活してきた上で、教えられてきたこと、学んできたことを『普通』と思って暮らしてきたはずです。

ですが、それは自分の普通であって一般では普通ではないこともあります。

また、自分が一般の考えだとしても、他の考えを持っている方もいます。

そういった考えの中には、何らかの意図があり、その考えを知ることは大切です。

ですから、読書により固定概念を持たないようにして、出来る限り視野を広げていくことで、一喜一憂しないようにしていくことが出来ます。

 

2.思考力があがる

思考力があがる

 

本をの中には自分の考えにはない考え方があり、考える力がつきます。

それは、ありとあらゆることに利用でき、自分の糧となります。

誰かと話しをしている際の理解に役立ったり、勉強も勿論得意になっていくでしょう。

思考力が上がることは、とても良いことばかり生み出してくれるのです。

 

3.偉人の考えを知れる

偉人の考えを知れる

 

今ではSNS等で考えを知ることも出来ますが、昔の偉人の方々の考えは、本でしかその考えを知ることは出来ません。

よく、「昔の偉人と会話が出来る。」等と表現されます。

質問により、解答して貰えるわけではなく、あくまでも一方向なので、そこまでいかないとしても、考えを知ると言うことでは大きな意味をなします。

出来れば、誰かが読んだ感想を分かりやすく解説してくれているものよりも、原作により時代背景や表現等を感じ取れる方が、感慨深いと思います。

そのような機会は普通に生きていればないことなのに、それが大体何千円~何万円で手に入るなんて安いものだと思います。

 

まとめ

 

このように、本を読むことによるメリットはこれだけではなく、様々なものがあります。

何より大切なのは本を読むことを習慣付ける迄いかなくても、読むことに抵抗を無くし、実際に読んでいくということです。

強制されるものではないので、本を読まなくても生活は問題なく出来ます。

ですので、毛嫌いして小さい頃から勉強をしてこなかった方は、大人になっても本を読もうとは、なりづらいのではないかなと思います。

ですが、小さい頃から前述したメリットを享受していると考えれば、大人になって大きな差として表れるのは明白です。

出来る限り自発的に行動することで、成長していくことが出来ますので、簡単な本からチャレンジしてみてください。

今まで読んでこなかった方なら尚、世界が変わると思います。

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^ー^)

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog