(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

電卓を速く打てるようになるコツ【3選】

 

 

ますたん
電卓を速く打てるようになるとかっこいいですよね♪

 

会計の専門家として誰しも憧れる姿かもしれません。

 

参考

結論から言えば急がば回れの精神で丁寧に打つことが一番早いと言えます。

 

1.電卓を早く打てるとは

電卓を早く打てるとは

 

電卓は初心者のうちは、ゆっくりしか叩けません。

 

これを日々特訓していくと徐々にスピードが上がってくるのです。

 

意識的に電卓の計算だけを追求する方もいるかもしれません。

 

ただ日常的に簿記などの計算をしていたり、実務的に電卓を使う方なら比較的早く上達していくでしょう♪
ますたん

 

2.速く打つべき状況

速く打つべき状況

 

ますたん
電卓を速く打つべき状況は限られています♪

 

なぜなら基本的に連絡は計算するためのもので速く打つためのものではないからです。

 

また、少しでも速く打とうと急げば数字を打ち間違えて本末転倒と言えます。

 

本当に電卓を速く打たないといけない状況になっていない限り意識的に速く打とうとする必要はありません。

 

3.電卓を速く打てるようになるコツ【3選】

 

電卓を速く打てるようになるコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.小まめに使う

小まめに使う

 

先ずは、小まめに使うです

 

速く打とうと意識するよりもこまめに使っていることが大切です。

 

速く打つためにはどうしたらよいのかを考えていても打てるようにはなりません。

 

意識的に電卓を叩く機会を増やしていけば、自然と速くなっていくでしょう♪
ますたん

 

スポーツと同じ感覚を持っていることが大切です。

 

3-2.正確を意識

正確を意識

 

次に、正確を意識です

 

電卓をたたくというのは前述したとおり計算したいからです。

 

ますたん
速く叩いていても間違っていては意味がありません♪

 

ましてや長い計算であれば、どこを間違えたのかが分からず1から打ち直しになってしまう危険すらあるのです。

 

急がば回れの精神でゆっくり進めていきましょう♪
ますたん

 

3-3.指を固定

指を固定

 

最後に、指を固定です

 

左手でも右手でも構いませんが、どこを打つのかは自分で固定しておくべきです。

 

ますたん
打つ指が毎回違うと混乱してしまうでしょう♪

 

私は、右手打ちが基本で人差し指・中指・薬指の順番に1・2・3で、四則演算は薬指に担当してもらってます。

 

基本的には決まっているかもしれませんが、実際固定していればどの指でもいいです。

 

結論:正確に

 

電卓を速く打てるようになるコツ【3選】

・小まめに使う

・正確を意識

・指を固定

 

電卓にこまめに触れるようにして正確に打つことを意識する必要があります。

 

初心者の頃のスピードから上級者のスピードに変わるとかなり違うでしょう♪
ますたん

 

ただ、少し電卓が速く打てるようになったくらいでは、そこまで差はありません。

 

ますたん
何よりミスをなくすことが結果的に電卓を速く打つコツといえるのです♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog