Accounting(会計)

簿記試験が難しすぎた時にとるべき行動【3選】

 

 

簿記試験の難しすぎるときは実際にあります♪
ますたん

 

難しすぎたからといって運が悪いからと済ませてしまうのは惜しいです。

 

ますたん
どのような行動を取れば良いのか考えていきましょう♪

 

結論から言えば、簿記は簡単な問題から解いていくのを忠実に実行することです。

 

1.簿記試験が難しすぎた時

簿記試験が難しすぎた時

 

簿記試験は残念なことに問題のレベルが一定ではありません。

 

時にものすごく難しい出題の時があります♪
ますたん

 

難しい問題だから今回は解けなくて当然だと考えるのはもったいないです。

 

ますたん
難しい問題でも、点数を取る手段を考えていきましょう♪

 

もし合格できなかったとしても、次回の試験の時にすごく力になるはずです。

 

2.メンタルがやられたら負け

メンタルがやられたら負け

 

難しい問題が出た時に言わ何で自分が受けた時にだけと思うかもしれません♪
ますたん

 

ですが基本的には何を言っても変わらないことが多いです。

 

ますたん
言葉が届かなければこちら側で対処するしかありません♪

 

だからといって試験を諦めるのも違うでしょう。

 

難しい問題が出題された時には、相応の行動をとっていくべきです。

 

3.簿記試験が難しすぎた時にとるべき行動【3選】

簿記試験が難しすぎた時にとるべき行動【3選】

 

簿記試験が難しすぎた時にとるべき行動【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.静かに怒る

静かに怒る

 

先ずは、静かに怒るです

 

メンタルがやられて問題を解く気力がなくなった場合にはその時点でゲームオーバーかもしれません。

 

そうなるぐらいなら気がおかしくならない程度に怒りましょう♪
ますたん

 

「なんでこんな問題を出題するんだ」と考えて、絶対に解いてやると考えるべきです。

 

ますたん
そう考えるだけで点数は上がります♪

 

3-2.簡単な問題を探す

簡単な問題を探す

 

次に、簡単な問題を探すです

 

難しい問題でなくても時は簡単な問題から解いていくのが大切と言えます。

 

難しい問題が出題されている時には、絶対にそうするべきです。

 

簡単な問題があれば、点数を積み重ねていきましょう♪
ますたん

 

あくまでも全ての問題が難しいわけではなく、一部が難しいのです。

 

3-3.難しい問題は見ない

難しい問題は見ない

 

最後に、難しい問題はないです

 

難しい問題にも難しく感じている問題と実際に難しい問題があります。

 

ますたん
少し考えてみる必要はありますが、それでも分からなければ見ないようにしましょう♪

 

その問題が他の問題のどこに影響するのかが分かれば、別の問題で点数が取れるかもしれません。

 

どこに影響するのか関連性は日頃から確かめていきましょう♪
ますたん

 

例えば、債権と貸倒引当金・固定資産と減価償却費などです。

 

結論:諦めない

 

簿記試験が難しすぎた時にとるべき行動【3選】

・静かに怒る

・簡単な問題を探す

・難しい問題は見ない

 

難しい問題が出たとしても何より諦めないことが大切です。

 

ますたん
ただし、諦めないこと自体が難しいと言えます♪

 

軽く怒ることによって感情をコントロールすることもできるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog