Bookkeeping(簿記)

簿記の効率的な復習方法【3選】

 

 

簿記を一度で覚えてしまいたい。

 

ますたん
そう考える方も多いですが実際には難しいです♪

 

一般的には何度も繰り返して覚えていくことになるでしょう。

 

結論

結論から言えば、行動を絞っていく必要があります。

 

1.簿記の復習

簿記の復習

 

簿記では一つ一つの論点はそこまで難しくありません。

 

一方で、取引種類がたくさんあるので難しく感じるのです。

 

頭が混乱してしまえば、基礎的なことも分からなくなってしまいます。

 

復習することで、知識を定着させ効率的に問題を解いていくことができるようになるでしょう♪
ますたん

 

2.簿記は復習が大切

簿記は復習が大切

 

簿記では多種多様な取引種類を処理しなければなりません。

 

ますたん
つまり、覚えることがたくさんあるのです♪

 

どうしても知識が曖昧になりがちと言えます。

 

何回も復習することで知識を定着させることができるのです♪
ますたん

 

3.簿記の効率的な復習方法【3選】

簿記の効率的な復習方法【3選】

 

簿記の効率的な復習方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.思い浮かべる

思い浮かべる

 

先ずは、思い浮かべるです

 

簿記の勉強はどこでもできます。

 

ますたん
安全な場所で目をつむり頭の中で学んだことを思い浮かべてみましょう♪

 

できる実践的に考えていくことがポイントです。

 

書くわけでもないので、スムーズに復習ができます♪
ますたん

 

3-2.要点ノート

要点ノート

 

次に、要点ノートです

 

テキストの内容は基本的に1から10まで丁寧に書いてあります。

 

ますたん
一方で、学んだことのある方は頭の中に実際に入っている部分がたくさんあるでしょう♪

 

逆に、わからないところだけを復習するのが効率的です。

 

自分がわからなかったところをノートにまとめて説明と解決策を書いておきましょう♪
ますたん

 

自分にとって1番必要な知識だけが詰め込まれたノートが完成します。

 

3-3.解く問題

解く問題

 

最後に、解く問題です

 

何回解いても解けるような問題を、「もしかしたら忘れているかもしれない」と考えて解く必要はありません。

 

実際に忘れないための勉強は必要ですが、そこに臆病になってしまうと、他の論点をどんどん忘れてしまいます。

 

ますたん
問題は流れだけ確認するようにして、解けそうで解けないような問題を実際に解きましょう♪

 

解く問題と解かない問題を自分の中で区別していくことが大切です。

 

結論:行動を絞っていくことが大切

 

簿記の効率的な復習方法【3選】

・思い浮かべる

・要点ノート

・解く問題

 

当然ですが私たちは人間なので動けば疲れます。

 

わかっている問題を闇雲に解くことにも体力を要するでしょう♪
ますたん

 

それにより理解できたはずの問題が理解できなくなってしまう可能性も考えられるのです。

 

ますたん
「効率」を重視した復習を心がけていく必要があります♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)

© 2022 masutannblog