(Management Accounting) 管理会計 Accounting(会計)

【短答】管理会計の計算で間違えた時の対処法【3選】

 

 

管理会計の計算問題を解いていて間違えてしまうことも当然あります。

 

ますたん
本試験において間違えてしまうと焦ってしまうでしょう♪

 

間違えたときにどのように対処していくかが大切なのです。

 

結論

結論から言えば、如何に初めの問題を冷静に解き、余裕を持って試験に臨めるかが重要になってきます。

 

1.管理会計の計算を間違えた

管理会計の計算を間違えた

 

管理会計の計算問題は簡単なものから難しいものまで多種多様な出題があります。

 

基本的にすべて解ける必要はありませんが、合格点を取るためにはある程度正答率が必要です♪
ますたん

 

一方で、限られた時間内に計算問題を解くのは至難の技かもしれません。

 

ますたん
焦ってしまって1問も解けなかったということも少なくないでしょう♪

 

2.焦らないような工夫

焦らないような工夫

 

「焦らないことが大切です。」
ますたん

 

このように言われて焦らないのであれば初めから焦っていません。

 

ますたん
焦らない方が良いのはわかっていても焦ってしまうから焦るのです♪

 

焦らないためには、焦らなくなる状況について考える必要があります。

 

事前に焦ってしまった時の対処法や、焦らない工夫をしていく必要があるのです。

 

3.【短答】管理会計の計算で間違えた時の対処法【3選】

【短答】管理会計の計算で間違えた時の対処法【3選】

 

【短答】管理会計の計算で間違えた時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.一番近い解答

一番近い解答

 

先ずは、一番近い解答です

 

最終数値まで出した場合に解答欄に近いものがあればそれを選択するのも手です。

 

ひっかけで誤った計算を行うと出てくる数字が解答欄にあり、間違えてしまうこともあります。

 

しっかり計算を行っている場合には、闇雲に選択するよりは可能性はあるかもしれません。

 

また、小数点以下の計算がうまく行えていない場合には数字が多少異なるでしょう♪
ますたん

 

このような場合には正当できる可能性が高くなります。

 

3-2.消去法

消去法

 

次に、消去法です

 

ますたん
自分の答えが解答欄にない場合には、消去法で選択するのも良いでしょう♪

 

計算が正確に行えていれば、明らかに違う回答があるかもしれません。

 

少しずつ解答を減らしていくだけでも、正答率は上がってきます♪
ますたん

 

自信を持って解答できる問題を増やしていく方が大切ですが、1問も解けないという恐怖を和らげるためにも消去法が大切です。

 

3-3.初めから解き直し

初めから解き直し

 

最後に、初めから解き直しです

 

賛否両論あるかもしれませんが私は間違えていると感じた場合、初めから解き直します。

 

間違えているかもしれない箇所を少し計算してみて駄目であれば思い切って初めから解き直してみるのも大切です。

 

途中をずっと計算し直していると頭が混乱してきます。

 

ますたん
いっそのことを初めからもう一度解き直してみて、それでもダメであれば消去法などで選択してしまいましょう♪

 

結論:正答率を上げる工夫

【短答】管理会計の計算で間違えた時の対処法【3選】

・一番近い解答

・消去法

・初めから解き直し

 

前述したように自信を持って答えられれば一番良いですが、そうでない場合にはかなり焦ってしまいます。

 

そのような状況を避けるためにも、正答率を上げる工夫が大切です♪
ますたん

 

これはもしかしたら当たるのではないか?と感じる問題を増やせるだけでも安心できますし冷静になれます。

 

ますたん
如何にして着実に点数を積み重ねられるか、総合的に勘案していきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog